このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

コロナこころのケア相談

更新日:2020年7月2日

7月1日開設】コロナこころのケアダイヤルとよなか

 新型コロナウイルス感染症による日常生活への様々な影響で、気分の落ち込みや不安、イライラが続いたり、眠れない、食欲がないなど、こころやからだに不調を感じていませんか?
 7月1日より、こころのケア専用の相談ダイヤルを設置します。
 ストレスや悩みを一人で抱え込まず、ご相談ください。お電話をお待ちしております。

※本人・ご家族・関係者の方からのご相談をお受けいたします。

電話:0800-200-8740

※フリーダイヤルです。通話料はかかりません。

受付

  • 月曜から金曜・・・午前11時から午後7時まで
  • 土曜(予約制)・・・午後1時から午後4時まで

※いずれも年末年始・祝日を除く

対象

豊中市内在住または在勤の人

土曜の予約方法

電話または、「豊中市電子申込システム」にてお申込みください。

電話:0800-200-8740
電子申込システムはこちら(外部リンク)

申込締切

  • 電話でお申込の場合・・・希望日の前日(金曜)の午後7時まで
  • 電子申込システムでお申込の場合・・・希望日の2日前(木曜)の午後0時まで

※木曜・金曜が祝日の場合は、水曜の各時間までにお申込ください。

※感染に関する体調や症状、感染予防に関する相談は、「豊中市新型コロナウイルス感染症コールセンター」へご相談ください。
 豊中市新型コロナウイルス感染症コールセンター 電話:06-6151-2603

そのほかのこころの相談先

お金・仕事・子育てなどの相談先

市民の皆さま向け】相談窓口・支援(内部リンク)

新型コロナウイルス感染症の影響で不安やストレスなどを感じておられる方へ

 新型コロナウイルス感染症による日常生活への影響長期化し、不安やストレスなどを感じておられませんか?
 ストレス状態が長く続くと、気持ち、からだ、考え方にさまざまな変化があらわれることがあります。
 気になる変化があるときは、ご相談ください。

気持ちの変化

  • 涙もろくなる
  • イライラする
  • 気分の浮き沈みが激しい
  • 「あの時ああしておけば良かった」という自責感
  • 投げやりになる
  • 他人に対して怒りっぽくなる
  • 不安・緊張が高い
  • 誰とも話す気にならない

考え方の変化

  • 考えがまとまらない
  • 同じことをくり返し考える
  • 記憶力が低下している
  • 皮肉な考え方になる

からだの変化

  • 疲れやすい
  • めまい、頭痛、肩こり
  • 吐き気、胃痛
  • 食欲不振や過食
  • 夜眠れない
  • 同じ夢をくり返して見る

  (※設問項目は、北海道立精神保健福祉センター作成リーフレットを引用しています。)
 上記のような状態は、数週間続くことがありますが、大変な経験をした時に、多くの方に起こる正常な反応です。
 このストレス反応は、自然に回復していくことがほとんどですが、気持ちを誰かに話したり相談することで、つらさが和らぐことがあります。
 つらい気持ちは一人で抱え込まず、ご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康医療部 保健予防課 精神保健係
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号
電話:06-6152-7315
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ