このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

食品等事業者の自主的な衛生管理について【平成27年4月から施設の衛生管理の基準が変わりました】

更新日:2016年11月24日

営業施設の公衆衛生上講ずべき措置の基準が改正されました(平成27年4月)

豊中市食品衛生法施行条例で定める「措置の基準」の改正について

 食品等を取り扱う営業者は、営業する際には、営業の施設の内外の清潔保持、ねずみ、昆虫等の駆除その他公衆衛生上講ずべき措置の基準を守る必要があります(食品衛生法第50条第3項)。豊中市内の施設については、豊中市食品衛生法施行条例第4条において措置の基準を定めています。
 今回、措置の基準を条例で定める場合の技術的助言として国が示している「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」が改正されたことを受け、平成27年4月に豊中市で定める措置の基準を改正しました。
 食品等事業者はこの基準を遵守し、営業施設の衛生管理に取り組まなければなりません。
 今後は、新しい措置の基準について周知を図るとともに、食品等事業者の責務である自主検査、原材料の安全性確認等の実施を進め、記録の作成・保存の推進について指導します。

改正のポイント

  • 従来の措置の基準を、「危害分析・重要管理点方式を用いずに衛生管理を行う場合の基準(別表第1)」として、国のガイドラインに準じた内容に整理しました。
  • 新たに「危害分析・重要管理点方式を用いて衛生管理を行う場合の基準(別表第2)」を追加しました。
  • 営業者は、別表第1、別表第2のいずれかの基準を守って営業施設の衛生管理に取り組んでください。

危害分析・重要管理点方式【通称:HACCP(ハサップ)】とは?

 食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析Hazard Analysis) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法であり、国際標準として広く普及が進んでいます。
 HACCPによる衛生管理を推進することは、食中毒の発生や食品衛生法に違反する食品の製造等の防止につながるなど、食品の安全性の向上が期待されます。
 今般、厚生労働省は、「HACCPチャレンジ事業」を立ち上げ、本事業に参加される食品等事業者の募集を開始しました。HACCP に取り組む食品等事業者の方々の情報を2015年11 月下旬から厚生労働省のホームページで御覧いただけるようになります。
 HACCPの導入あるいはHACCPチャレンジ事業への参加等を検討中の食品等事業者の方など、HACCPについて詳しく知りたい場合は、保健所にご相談いただく他、厚生労働省のホームページ等をご覧ください。

その他参考情報

食品衛生法第3条にて食品等事業者の責務について、第50条第2項にて公衆衛生上講ずべき措置の基準について定められています。

大阪版食の安全安心認証制度について

 この制度は、飲食店や食品製造施設等の事業者が日々行っている、基本的な衛生管理やコンプライアンス(法令遵守及び社会倫理に適合した行動)・危機管理の積極的な取り組みを評価し、一定水準以上にあると認められる施設を認証する制度です。(平成21年4月から運用開始)
 豊中市では、大阪版食の安全安心認証制度に取り組む事業者を応援しています。(市内の認証施設はこちら
 詳しくは、大阪府のホームページをご確認ください。

食品衛生講習会のご案内【豊中市保健所主催】

 豊中市保健所では、市内の食品等事業者向けに、食中毒予防など食品衛生に関する講習会を定期的に開催しています。平成27年度の講習会では条例改正により改正された措置の基準についても説明します。予約不要ですので、受講を希望される方は当日会場へお越しください。
 講習会の詳しい時間・場所については以下のページで確認できます。

衛生管理等に関する情報

集団給食施設などの大量調理施設で食中毒を予防するために重要な管理事項についてまとめられたマニュアルです。

浅漬は、加熱や発酵の工程がなく、製造工程で殺菌できないことから、洗浄・殺菌や、低温管理など、原料から製品までの一貫した衛生管理が必要です。漬物から食中毒などの危害が発生することがないよう、事業者の皆様には、「漬物の衛生規範」の遵守をお願いいたします。

大阪府内でのふぐの取扱いは、食品衛生法と大阪府ふぐ販売営業等の規制に関する条例で規制されています。

これまで食品衛生法・JAS法・健康増進法の3法にて定められていた食品表示に関する規定が統合され、新たに「食品表示法」が創設されました(平成27年4月1日施行)。食品表示の具体的なルールは「食品表示基準」にて定められています。

食品関係団体に関する通知について

食品関係団体あてに、大阪府域自治体が連名で通知をした文書を掲載しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

健康福祉部 保健所 衛生管理課
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7320
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る