このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

ノロウイルスによる食中毒にご注意を!

更新日:2015年2月10日

食中毒は夏の暑い時期だけでなく、冬期にも発生しています。
冬期に起こる食中毒のほとんとがノロウイルスによるものです。
ノロウイルスによる食中毒は年間を通じて発生していますが、特に11月から2月にかけて多発します。
手洗いなどを行い、しっかり予防しましょう。

ノロウイルス食中毒の特徴

感染経路

・二枚貝類の生食(カキなど)
・ノロウイルスに汚染された食品
・患者のふん便や嘔吐物からの二次感染

症状

原因食品を食べた1~2日後に、下痢・嘔吐・発熱を主症状とし、通常1~3日続いた後回復します。

ノロウイルス食中毒の予防ポイント

調理する人の健康管理

嘔吐・下痢等の症状がある時は、調理を行わないようにしましょう。

手洗いの徹底

手指を介して食品を汚染しないために、石けんを使ってていねいに手を洗いましょう。
特に以下のタイミングには2度洗いを心がけましょう。
・調理を行う前
・トイレに行った後
・食事前 

中心部までしっかり加熱

ノロウイルスには加熱が効果的です。
生ものを食べるのは避け、中心部までしっかり加熱しましょう。(85℃で1分以上)

調理器具の消毒

調理器具などは使用前に消毒しましょう。
ノロウイルスは消毒用アルコールでは死滅しません。
塩素消毒や熱湯消毒を行いましょう。

ノロウイルスに感染しないための予防ポイントなど

ノロウイルスによる食中毒の予防ポイントや手洗い方法、汚物の処理方法など

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 保健所 衛生管理課
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7320
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ