このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスについて~食品衛生関係~

食品を取り扱われる方へ

緊急事態宣言が発出中(令和3年1月14日から2月7日まで)

事業者の皆さまにおかれましては、各業界団体等が作成した感染拡大予防ガイドラインを遵守し、新型コロナウイルスのまん延防止にご協力をお願いします。

※ガイドラインの最新情報は、上記内閣官房ホームページからご確認ください。

また、緊急事態宣言に関する詳しい要請の内容については、大阪府のホームページをご確認ください。


現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されていません。
新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために、「三つの密」の回避、「人と人との距離の確保」、「マスクの着用」、「手洗いなどの手指衛生」など「新しい生活様式」を継続して実践していただき、食品を取り扱われる際は特に、体調管理やこまめな手洗い、アルコール等による手指の消毒、咳エチケットなど、食中毒予防のための一般的な衛生管理の徹底をお願いします。

テイクアウトや宅配をする際、利用する際の留意点について

飲食店営業の方へ

客の注文に応じて調理し、すぐに持ち帰ってもらう(=テイクアウト)又は宅配(=デリバリー、出前)をする行為は、取得済みの「飲食店営業」の許可の範疇で可能です。(保健所への届出等は特に必要ありません。)
なお、食中毒や食品事故等防止の観点から、一般的な衛生管理の徹底に加え、特に以下のことに注意して行うようにしてください

  • テイクアウトや宅配等に適したメニューのみにする(鮮魚介類など、生ものの提供は避ける等)
  • 加熱が必要な食品は、中心部まで十分に加熱する
  • 施設、設備の規模に応じた提供食数とする
  • 調理済みの食品は、適切な温度管理(=食中毒菌の発育に好ましい温度帯(約20℃~50℃)に置かれる時間を極力短くするため、10℃以下又は65℃以上で保存)を行う

  (例)調理後冷ます必要のあるものは小分けして速やかに冷やす、保温(保冷)ボックスを利用して配達する

  • 購入者に、すぐに食べるよう口頭で伝えたりシールを貼るなどして情報提供する
  • (表示義務はないが)アレルゲンの情報提供に努め、保存方法や消費期限等、問い合わせがあった際には的確に回答できるようにする

留意点

次の場合は「仕出し屋・弁当屋」に該当し、保健所への届出等が必要になります。事前に保健所衛生管理課までお問合せください。

  • あらかじめ大量に調製し、保管・配達を行う場合
  • 調製した施設以外の場所で販売する場合 など

消費者の皆様へ

飲食店のテイクアウトや宅配を利用される場合は、食べきれる量を注文し、すぐに食べるよう心がけ、食中毒予防に努めてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康医療部 衛生管理課
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7320
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで