このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

受動喫煙防止対策推進事業について

更新日:2015年4月9日

受動喫煙とは?

受動喫煙の害について

「受動喫煙」とは、たばこを吸わない人が、自分の意思とは関係なく、
他人のたばこの煙を吸わされることを言います。

たばこは、喫煙者だけでなく、周囲の人の健康にも悪影響を与えます。
喫煙者が吸い込む煙を「主流煙」、たばこから立ち上る煙を「副流煙」といいますが、
有害物質は、主流煙よりも副流煙のほうに多く含まれています。
たばこを吸わない人でも、受動喫煙によって、目やのどの痛み・息苦しさ・めまい・頭痛・呼吸機能などの症状があらわれることがあるほか、心筋梗塞や肺がん、乳がんになる危険性が高まることがわかっています。

受動喫煙を防ぐために

平成15年5月に施行された「健康増進法」の規定では、多数の者が利用する施設の管理者は、受動喫煙による健康への悪影響を未然に防ぐよう努力する義務が課せられています。(同法第25条)
※多数の者が利用する施設 ・・・ 学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、
                     官公庁施設、飲食店など

◆平成24年4月1日から豊中市が所有・管理する施設は建物内禁煙になりました

豊中市においても、当市が所有・管理する施設での受動喫煙を防止するため、平成24年4月1日から建物内禁煙を実施しています。

皆さんのご理解とご協力をお願いします。

対象となる施設

  1. 建物の形状を有する市有施設及び市管理施設
      (例:市庁舎、小中学校、幼稚園、保育園、図書館、公民館 など)
  2. 屋外競技場
      (例:豊島公園野球場、ニノ切温水プール、千里東町公園テニスコート など)

その他の受動喫煙防止対策推進事業

市有施設の建物内全面禁煙以外にも、受動喫煙防止対策推進事業を実施しています。
詳細については、下記のページをご覧ください。

大阪府における受動喫煙防止対策推進事業

大阪府でも、全面禁煙宣言施設の登録、禁煙表示ステッカーの配布など、受動喫煙の防止に取り組んでいます。
詳細は、下記ページをご覧ください。

受動喫煙防止対策に関する国の基本的な方向性

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 保健所 保健医療課 保健企画係
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7309
ファクス:06-6152-7328

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ