このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

日本脳炎予防接種

更新日:2017年7月28日

  • 平成22年(2010年)4月から第1期接種対象者に対し、接種勧奨が再開されました。
  • 平成22年(2010年)8月27日から、第2期の接種が可能になりました。
  • 平成17年(2005年)から平成21年(2009年)度の積極的勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した人への接種機会の確保のため、特例対象者が拡大されています。

接種対象者及び標準的な接種方法

標準的なスケジュール
 

対象年齢

回数

標準接種年齢

第1期初回

生後6か月から
7歳半未満

2回
(1週間以上、標準的には4週間までの間隔をおいて)

3歳

第1期追加

生後6か月から
7歳半未満

1回
(初回2回目終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて)

4歳
第2期

9歳から
13歳未満

1回

9歳

特例対象者

(1)平成7年(1995年)4月2日~平成19年(2007年)4月1日生まれの人は、20歳になるまでの間、日本脳炎の予防接種を定期接種として受けることができます。接種方法は下記をご参考ください。

 ※ 残り回数は平成23年(2011年)5月20日を基準日とする

全く接種を受けていない人
  回数
第1期初回接種

2回
(1週間以上、標準的には4週間までの間隔をおいて)

第1期追加接種

1回
(初回2回目終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年あけて)

第2期

1回
(9歳以上で、第1期終了後1週間以上の間隔をおいて)

第1期の初回接種を1回受けた人
  回数
第1期初回接種 1回
第1期追加接種

1回
(初回接種後、1週間以上の間隔をおいて)

第2期

1回
(9歳以上で、第1期終了後1週間以上の間隔をおいて)

第1期の初回接種が終了した人
  回数
第1期追加接種 1回
第2期

1回
(9歳以上で、第1期終了後1週間以上の間隔をおいて)

第1期の予防接種が終了した人
  回数
第2期

1回
(9歳以上で、第1期終了後1週間以上の間隔をおいて)

(2)平成19年(2007年)4月2日から平成21年(2009年)10月1日生まれの人は、第1期の未接種分を第2期の対象年齢時に定期接種として受けられます。
平成22年3月31日までの接種の有無により、接種期間や接種方法が異なります。

既に接種した回数 接種期間 接種方法
1回以上 生後6か月から90か月に至るまで、及び9歳以上13歳未満 平成7年4月2日から平成19年4月1日生の人の接種方法に準ずる。                6日以上の間隔をあけて接種                         ただし、4回目(第2期)は9歳以上13歳未満に接種
全く受けていない 生後6か月から90か月に至るまで、及び9歳以上13歳未満 1回目の接種後6日以上(標準的には28日まで)の間隔をあけて2回目を接種し、その後6か月以上(概ね1年)の間隔をあけて3回目を接種。4回目(第2期)の接種は9歳以上13歳未満
  • 取扱医療機関で予約のうえ接種してください。
  • 妊娠若しくは妊娠している可能性がある場合は原則接種できません。
  • 13歳以上の人が保護者の同伴なしで接種する場合は、専用の予診票と説明文をお送りします。事前に市担当までお申込みください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

健康福祉部 保健所 保健予防課 事業推進係
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号豊中市保健所
電話:06-6152-7329
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ