このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスへの対応にかかる障害福祉サービス事業所への補助制度について

更新日:2020年6月19日

 新型コロナウイルス感染症の影響下においても、障害福祉サービス事業所が継続的なサービスを提供できるよう、以下の経費を補助します。
申請の方法や交付の条件等については交付要綱の確定後にご案内します。

障害福祉サービス等の衛生管理体制確保支援等事業

 市内障害福祉サービス事業所における新型コロナウイルス感染拡大防止対策等に伴って生じる経費を補助します。

対象経費(予定)

1.衛生用品等の調達
 ・マスク、手指消毒用エタノールなどの衛生用品の購入費用
 ・簡易陰圧装置や換気設備の購入・設置費用(障害者支援施設のみ)
2.施設等衛生環境改善
 ・感染者が発生した場合等において、建物及び設備の消毒を事業者へ依頼する際の経費

就労系障害福祉サービスにおけるテレワーク等導入支援事業

 市内の就労移行支援事業所及び就労継続支援事業所における障害者の在宅就労(在宅における就労訓練含む。)のために必要な経費を補助します。

対象経費(予定)

 利用者のテレワーク等の実施に用いるタブレット端末・スマートフォン等のハードウェア、ソフトウェア、クラウドサービス、保守・サポート費、導入設定、導入研修、セキュリティ対策など

障害福祉サービス等事業者に対するサービス継続支援事業

 障害福祉サービス等事業所が、感染機会を減らしつつ必要な障害福祉サービスを継続して提供できるよう、通常のサービス提供時には想定されないかかり増し経費について補助します。

対象となる事業所・施設等(予定)

(1)障害福祉サービス等事業者のサービス継続支援

  1. 大阪府または市から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所
  2. 利用者または職員に感染者が発生した障害福祉サービス等事業所(職員に複数の感染者が発生し、職員が不足した場合を含む)
  3. 濃厚接触者に対応した短期入所サービス事業所、訪問系サービス事業所、障害者支援施設等
  4. 1から3以外の事業所・施設等であって、当該事業所の職員により、利用者の居宅においてできる限りのサービスを提供した事業所

(2)障害福祉サービス等事業者との連携支援
以下のいずれかに該当する事業所・施設等の利用者の受入れや職員が不足した場合に、応援職員の派遣を行った連携先の事業所・施設

  • (1)の1または2の障害福祉サービス等事業所、障害福祉施設等、相談支援事業所
  • 感染症の拡大防止の観点から必要があり、自主的に休業した障害福祉サービス等事業所

生産活動活性化支援事業

 就労継続支援事業所の生産活動の再起に向けて必要となる費用などについて補助します。(※全額国庫補助事業)

対象となる事業所(予定)

 新型コロナウイルス感染症の影響により、直近の生産活動収入が相当程度減収している就労継続支援事業所(A型・B型)

お問合せ

福祉部 障害福祉課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎1階
電話:06-6858-3282
ファクス:06-6858-1122

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ