このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

補装具・日常生活用具

更新日:2016年2月4日

トピックス

平成27年4月1日以降、一部の補装具の申請に関して意見書・処方箋の提出が必要になります。
意見書・処方箋は所定の様式がございますので、障害福祉課までお問い合わせください。

対象補装具

車いす:手押し型既製品
車いす付属クッション:前回と異なる種類のクッションを申請する場合のみ、意見書・処方箋が必要です。

補装具の購入・修理

身体上の障害を補うための用具(補装具)を購入・修理する際に費用が支給されます。
身体障害者手帳(または特定医療費(指定難病)受給者証)・印鑑・個人番号のわかるものを持って、事前に障害福祉課へご相談ください。

  • 種目により、大阪府障がい者自立相談支援センターの判定または意見書(所定の様式があります)が必要です。
  • 介護保険貸与用具(車いすなど)は、原則として介護保険の制度が優先されます。

交付・申請の手続き

まずは補装具費の支給申請を障害福祉課までご相談ください。
その後、障害福祉課から判定機関である大阪府障がい者自立相談支援センターへ連絡し、支給決定の判定がなされれば、補装具費支給券を交付します。

補装具の申請手続き・種類等の詳細はこちらをご覧ください。

補装具費(購入・修理)支給申請の際にご利用ください。
医師の意見書が必要な場合がありますので、障害福祉課までお問い合わせください。

対象者及び対象補装具一覧

対象者 給付・修理対象用具
肢体不自由者(児) 義肢、装具、車いす、歩行補助杖(一本杖を除く)、歩行器、電動車いす、座位保持装置、重度障害者用意思伝達装置
視覚障害者(児) 盲人安全つえ、義眼、眼鏡
聴覚障害者(児) 補聴器、特別補聴器(身体障害者手帳の交付対象とならない程度の難聴児に交付)

重度障害者(児)・難病患者等日常生活用具の給付・貸与

在宅障害者・難病患者等に対し日常生活がより円滑に行われるよう必要に応じて、日常生活用具が給付・貸与されます。
(用具により給付等が制限される場合があります。)
2014年4月から、視覚障害者用の新しい種目が加わりました。
・地デジ対応ラジオ(地デジ=地上デジタル放送)

給付申込み手続き・種目などについてはこちらをご覧ください。

申込用紙は3種類あります。申込みされる種目と申込用紙が一致しているかご確認のうえ、ダウンロードしてください。
意見書が必要な人は、障害福祉課の窓口でお受け取りください。

小児慢性特定疾病児童の日常生活用具給付

小児慢性特定疾病児童に対し日常生活用具が給付されます。

対象者・種目についてはこちらをご覧ください。

申請書はこちらからダウンロードできます。

業者登録をご希望されるみなさまへ

補装具の業者登録を希望される場合は、こちらの書類と下記の債権者登録申込書にご記入のうえ、障害福祉課までご提出ください。

債権者登録申込書はこちらからダウンロードをお願いします。

日常生活用具の業者登録を希望される場合は、こちらの書類と上記の債権者登録申込書にご記入のうえ、障害福祉課までご提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

豊中市 健康福祉部 障害福祉課 給付支援係
〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1 第二庁舎1階
電話:06-6858-2746
ファクス:06-6858-1122

メール:shougaifukushi@city.toyonaka.osaka.jp

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ