このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年1月 中学校給食の紹介


実際に手元に届いた給食を写真で紹介します。

1月31日(水曜)

メニュー

和風ハンバーグ、揚げじゃこのスパゲッティ、キャベツと梅のおかか和え、シュガーバターポテト、ごはん、牛乳

今日の一言

ふだんよく食べている肉類や卵、砂糖、乳製品、米、パンなどは酸性食品です。加工品も酸性食品が多く、現代人は体が酸性に傾いているといわれています。アルカリ性食品の1つである梅干しは、酸性に傾いた体をアルカリ性にしてバランスを調整してくれる役割をもちます。ただ、塩分が多いので、1日1個までにしましょう。

1月30日(火曜)

メニュー

まぐろの南蛮漬け、豚じゃが、小松菜のソテー、プチシュー、ごはん、牛乳

今日の一言

毎月30日は「みその日」です。30日が「みそか」と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が定めています。みそは、大豆等の穀物を発酵させて作られます。その起源は、中国もしくは朝鮮半島を経て伝わった「ひしお」という調味料が日本独自のものに改良されて作り出されたという説や、縄文人の生活跡からどんぐりで作ったみそのような食べものがあったことから元々、日本独自のものであったという諸説があります。

1月29日(月曜)

メニュー

バジルチキン、キャベツのソテー、ケチャップ炒め、春雨サラダ、みそじゃがバター、ごはん、牛乳

今日の一言

国産の春雨は、じゃがいもやさつまいものでんぷんを原料とするものが多く、もちもちとした食感が特徴です。緑豆のでんぷんを原料とした春雨は、中国からの輸入品が多く、食感はコリコリしていて歯ごたえがあります。春雨という呼び方は日本独自の名前で、細く透明な姿が春の雨を連想させることからついたそうです。

1月26日(金曜)

メニュー

青椒肉絲、ごぼうサラダ、春巻き、大根の中華あんかけ、ごはん、牛乳

今日の一言

香りと食感が楽しめるごぼうは、日本ではおなじみの野菜ですが、外国では台湾や韓国などほんの一部でしか食べられていません。中国では、古くから薬として使われていました。日本でも縄文時代ごろは薬でしたが、平安時代になり食用として食べられるようになりました。

1月25日(木曜)

メニュー

エビカツ、タルタルソース小袋、ボイルキャベツ、ミートスパゲッティ、三色ナムル、しば漬け、ごはん、牛乳

今日の一言

ナムルは韓国でよく作られる家庭料理です。野菜や山菜をゆでるなどして、調味料とごま油で和えたものです。調理法は単純ですが、素材が多様であるため、多くの種類が存在します。

1月24日(水曜)

メニュー

鶏肉のバターじょうゆ焼き、ほうれん草のソテー、かぼちゃサラダ、ブロッコリーのカレー炒め、えのきの柚子しょうゆ和え、ごはん、牛乳

今日の一言

1月24日~30日は全国学校給食週間です。学校給食は明治22年、貧しくてお弁当を持ってこられない子どもたちのために昼食を提供したのが始まりとされています。現在では、朝食欠食などの食習慣の乱れ、食べ過ぎや偏った食事による肥満などが心配されることから、さまざまなことを学ぶ教材としての役割を担っています。

1月23日(火曜)

メニュー

サーモンチーズフライ、イタリアンソテー、筑前煮、さつまいものレモン煮、ふりかけ、ごはん、牛乳

今日の一言

さつまいもは、ビタミンCとカルシウムが多く含まれているのが特徴です。また、セルロース(食物繊維)も多く、セルロースは腸を刺激して働きを活性化させるとともに、切った時に出る乳白色の液体に含まれているヤラピンという成分が整腸作用を促します。

1月22日(月曜)

メニュー

レンコンはさみ揚げ、ブロッコリーの塩こしょう炒め、親子煮、じゃがいもの磯辺和え、豆苗ともやしのおかか和え、ごはん、牛乳

今日の一言

ブロッコリーはキャベツの仲間です。冬が旬の野菜で、クセがなく食べやすい野菜です。風邪予防によいとされるビタミンCや、抗酸化作用のあるβカロテンが豊富に含まれています。ブロッコリーは濃い緑色で小さいつぼみがぎっしり詰まり、こんもりとした形で茎に空洞のないものを選びましょう。

1月19日(金曜)

メニュー

ハンバーグカレー、海藻サラダ、ミックスフルーツ缶、人参のソテー、ごはん、牛乳

今日の一言

人参は、緑黄色野菜の王様と言われるほど栄養成分が豊富な野菜で、代表的なβカロテンの他にもビタミン類やミネラルがバランスよく含まれています。抗酸化作用があり、生活習慣病の予防や血糖値の上昇抑制などの効果があります。

1月18日(木曜)

メニュー

鶏肉の照焼き、かぼちゃの素揚げ、みそ煮、小松菜のお浸し、バターコーン、ごはん、牛乳

今日の一言

小松菜には、粘膜や皮膚を強化するビタミンA、発がん物質の作用を弱めるビタミンC、細胞の老化を促す過酸化脂質を抑えるビタミンEが多く含まれます。また、同じ葉物野菜のほうれん草に比べて、カルシウムを多く含みます。

1月17日(水曜)

メニュー

白身魚の中華あんかけ、チヂミ、炒り卵、レモンゼリー、ごはん、牛乳

今日の一言

「チヂミ」は、日本語にすると「焼いたもの」「お焼き」を意味する言葉です。チヂミという言い方は日本では一般的ですが、韓国ではジョン、またはプチムゲと呼ばれます。水で溶いた小麦粉に、ニラや玉ねぎなどの野菜、イカ、キムチなどを混ぜ、鉄板の上で薄く焼いた韓国風お好み焼きで、タレにつけて食べます。

1月16日(火曜)

メニュー

コロッケ、カットコーン、鶏肉のクリーム煮、切干大根の炒め煮、キャベツのピクルス、きのこピラフ、牛乳

今日の一言

ピクルスは欧米に古くからある野菜の保存食で、いわば西洋の漬物です。酢や塩水に漬け込んで作ります。酢に含まれるクエン酸は疲労回復に効果があり、ビタミンやミネラル、糖質などと一緒に摂ることでさらにクエン酸の働きを効率よくすることが出来ます。

1月15日(月曜)

メニュー

豚肉のマスタード炒め、揚げギョーザ、かぼちゃの煮付、えのきのお浸し、ごはん、牛乳

今日の一言

今日は「小正月」です。邪気や厄を払うといわれる小豆を入れたお粥を食べて、1年間の無病息災を祈ります。青森県では「けの汁」という、冬にとれる根菜や保存食の山菜、しみ豆腐などを入れた汁物を食べます。

1月12日(金曜)

メニュー

ビビンバ、ピーチゼリー、ポテトサラダ、ツナとキムチの炒め物、ごはん、牛乳

今日の一言

ビビンバは、ごはんの上に数種類のナムル、炒めた肉、卵などの具を彩り良く盛り付けた韓国料理です。コチジャンやごま油などの調味料を加え、よくかき混ぜてから食べます。

1月11日(木曜)

メニュー

さばの柚子みそかけ、枝豆、かき揚げ、春菊と白菜のごま浸し、フルーツきんとん、ごはん、牛乳

今日の一言

今日は「鏡開き」です。鏡餅を下げて、神様のお下がりとしてお雑煮やお汁粉などに入れていただき、1年の無病息災などを願う行事です。お供え物に刃をかけてはいけないという習わしから、手や木槌などで割ります。また、「割る」は縁起の悪い言葉なので、縁起の良い「開く」という言葉を使います。

1月10日(水曜)

メニュー

鶏肉のから揚げ、もやしとニラの炒め物、ナポリタンスパゲッティ、グリーンサラダ、青じそドレッシング小袋、しめじソテー、ごはん、牛乳

今日の一言

「ナポリタン」は日本生まれの洋食です。第二次世界大戦後、横浜のホテルの料理長がゆでたパスタにケチャップをかけて食べる兵士たちの様子をみてケチャップではなく、にんにくや玉ねぎ、トマトソースであえたオリジナルメニューを作りました。これがもとになり、具にハムやピーマンなどを加えたナポリタンが全国に広まりました。
今日から三学期の給食が始まりました。今学期も引き続き栄養バランスの良い、おいしい給食をお届けしますのでよろしくお願いします。

お問合せ

教育委員会事務局 学校給食課
〒561-0891 豊中市走井3丁目27番地の1
電話:06-6843-9101
ファクス:06-4307-5610

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ