このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年(2021年)2月 中学校給食の紹介

更新日:2021年2月26日


実際に手元に届いた給食を写真で紹介します。

2月26日(金)

メニュー

豚肉のしょうが焼き、高野豆腐の卵とじ、じゃがいもの磯辺和え、ほうれん草のソテー、ごはん、牛乳

今日の一言

高野豆腐とは、豆腐の水分を極限まで飛ばして乾燥させた食品です。かつては薄く切った豆腐を冬に野外で凍結させ、水分を抜く作業を繰り返して天日干ししていました。そのことから信州や東北地方では、「凍み豆腐(しみどうふ)」と言われています。

2月25日(木)

メニュー

マーマレードチキン、フライドポテト、ウインナー入り黒こしょう炒め、グリーンサラダ、豆苗ともやしのおかか和え、ごはん、牛乳

今日の一言

豆苗はえんどう豆の若芽で、豆類に多く含まれるたんぱく質やビタミンB群と、葉物野菜に多く含まれるβカロテンやビタミンCなどの栄養をあわせ持つ、栄養バランスの良い緑黄色野菜です。料理に使用した後、残った根だけが水に浸るようにして育てると、再び新しい芽が成長して再収穫できます。

2月24日(水)

メニュー

鮭のみそマヨ焼き、枝豆、いかと野菜のコンソメ煮、切干大根の韓国風煮、ごま団子、ごはん、牛乳

今日の一言

枝豆は成長途中の大豆を未熟なうちに摘んだものです。日本では江戸時代には枝豆が食べられており、枝についたままのものをゆでて販売していたことから「枝豆」という名前で呼ばれるようになったそうです。

2月22日(月)

メニュー

カツカレー、ミニトマト、ツナビーフン、りんご、ピクルス、ごはん、牛乳

今日の一言

りんごには、疲労回復に役立つリンゴ酸や、お腹の調子を整えてくれる食物繊維、生活習慣病に役立つポリフェノール類が含まれています。皮に栄養が多いので、よく洗って皮ごと食べると良いでしょう。

2月19日(金)

メニュー

鶏肉の照焼き、かぼちゃの素揚げ、みそ煮、切干大根の炒め煮、豆サラダ、ごはん、牛乳

今日の一言

みそは大きく分けて、米みそ、麦みそ、豆みその3種類とこれらを混合した調合みそに分けることができます。米みそとは、大豆に米麹を加えて作ったもの、麦みそとは大豆に麦麹を加えて作ったものです。豆みそは大豆のみを主原料としています。現在国内で生産されている8割が米みそです。

2月18日(木曜)

メニュー

あじのから揚げ、キャベツのソテー、ナポリタンスパゲッティ、炒り卵、黄桃缶、ごはん、牛乳

今日の一言

「ナポリタン」は日本生まれの洋食です。第二次世界大戦後、横浜のホテルの料理長がゆでたパスタにケチャップをかけて食べる兵士たちの様子をみて、ケチャップではなくにんにくや玉ねぎ、トマトソースであえたオリジナルメニューを作りました。これがもとになり、具にハムやピーマンなどを加えたナポリタンが全国に広まりました。

2月17日(水曜)

メニュー

牛丼、ツナ入りポテトサラダ、小松菜の煮浸し、たくあん、ごはん、牛乳

今日の一言

今日の「ツナ入りポテトサラダ」は卵を使用していないマヨネーズで和えています。家庭では、豆乳(50ml)、植物油(100ml)、酢(15ml)、塩(少々)を泡だて器で混ぜるだけで、卵を使わないマヨネーズを作ることができます。保存期間が短いので、早めに使い切りましょう。

2月16日(火曜)

メニュー

青椒肉絲、チヂミ、チョレギサラダ、ふりかけ、ごはん、牛乳

今日の一言

チョレギサラダとは、ごま油ベースの塩味ドレッシング「チョレギドレッシング」がかかったサラダのことをさします。日本人が作ったオリジナルのサラダで、グリンリーフレタスやサニーレタスにドレッシングをかけて食べることが多いです。

2月15日(月曜)

メニュー

キャベツメンチカツ、ソース小袋、ブロッコリーのソテー、筑前煮、さつまいものレモン煮、もやしと茎わかめのナムル、ごはん、牛乳

今日の一言

さつまいもは冷凍保存することができます。加熱処理せず、調理しやすい大きさにカットして生のまま冷凍することで、調理の際に煮崩れしにくく、また変色もしづらくなります。冷凍庫で約1ヵ月保存できます。

2月12日(金曜)

メニュー

牛肉のスタミナ炒め、ガトーショコラ、レンコンサラダ、ベーコンとほうれん草のソテー、ごはん、牛乳

今日の一言

ほうれん草は寒くなり、霜が降りると甘みが増しておいしくなります。また、鉄分やビタミンC、カロテンなど、野菜の中でも様々な栄養素が豊富に含まれています。旬の時期に収穫されたほうれん草のビタミンCの含有量は、夏に収穫されたものと比べると約3倍多く含まれていると言われています。

2月10日(水曜)

メニュー

豚じゃが、まぐろの南蛮漬け、フルーツナタデココ、キャベツと梅のおかか和え、炊き込みごはん、牛乳

今日の一言

マグロは冬が旬の魚です。日本で主に食べられているマグロは、メバチマグロ、キハダマグロ、ビンナガマグロ、クロマグロ、ミナミマグロ、コシナガマグロの6種類です。キハダマグロやビンナガマグロは生で食されるほか、ツナ缶にも加工されています。

2月9日(火曜)

メニュー

天津飯、揚げギョーザ、ささみとチンゲンサイの和え物、大根のオイスター煮、ごはん、牛乳

今日の一言

チンゲンサイは、葉に厚みがあり濃緑色で、葉の軸が短く株の根元がふくらんでいるものの方が新鮮で甘味があります。鮮度が落ちると葉の色が薄くなり、黄色く変色してきますので、早めに調理しましょう。

2月8日(月曜)

メニュー

コロッケ、カットコーン、ポトフ、ひじきの炒め煮、ツナとキムチの炒め物、ごはん、牛乳

今日の一言

ひじきには、骨を強くするカルシウムや腸をきれいにする食物繊維、また、カリウムやマグネシウム、亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。煮たひじきが余った場合は、使いやすい分量に分けてラップに包み、フリーザーパックに入れて冷凍保存することができます。

2月5日(金曜)

メニュー

エビカツ、粉ふき芋、三色ナムル、大根とハムの中華煮、かぼちゃサラダ、ごはん、牛乳

今日の一言

じゃがいもは主成分であるでんぷんに加えて、ビタミンCやカリウム、食物繊維も多く含まれています。ビタミンCは本来加熱に弱いのですが、でんぷんによって保護されているため壊れにくいといわれています。

2月4日(木曜)

メニュー

鶏肉のチリソース、野菜のコンソメ煮、バジルスパゲッティ、ブロッコリーのカレーソテー、えのきの柚子しょうゆ和え、ごはん、牛乳

今日の一言

えのきたけには、リラックス効果のあるギャバという成分が豊富に含まれています。また、疲労回復効果のあるビタミンB1、脂質代謝を促進するビタミンB2、肌荒れ・口内炎の緩和に役立つとされるナイアシンが多く含まれます。

2月3日(水曜)

メニュー

いわしの蒲焼風、白菜のお浸し、けんちん煮、さつまいものごまがらめ、きな粉大豆、ごはん、牛乳

今日の一言

きな粉は、大豆を炒って皮をむき、挽いた粉です。加熱により大豆特有の臭みが抜け、香ばしい香りになります。語源は「黄なる粉」で、黄な粉とも書きます。ただし、実際には黄色ばかりの粉とは限らず、黄大豆を原料にしたきな粉は黄褐色なのに対し、青大豆を原料にしたきな粉は淡緑色なので、「うぐいすきな粉」と呼ばれます。

2月2日(火曜)

メニュー

和風ハンバーグ、チンゲンサイの炒め物、レンコンのカレーきんぴら、水菜のからし和え、ごはん、牛乳

今日の一言

節分は「季節の分かれ目」を意味しており、もともとは「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日をさしていましたが、今では「立春」の前日だけを節分と呼んでいます。今年の立春は2月3日になることから、124年ぶりに今日が節分の日です。

2月1日(月曜)

メニュー

酢豚、豆腐の中華煮、キャベツの和え物、マスカットゼリー、ごはん、牛乳

今日の一言

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。ビタミンB1は、体内で糖質をエネルギーへ変換する際に必要となるビタミンです。ビタミンB1を効率よく摂取するには、にんにくや玉ねぎと一緒に調理するとよいでしょう。

お問合せ

教育委員会事務局 学校給食課
〒561-0891 豊中市走井3丁目27番地の1
電話:06-6843-9101
ファクス:06-4307-5610

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ