このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

その他

更新日:2017年8月17日

「夏休み 学校給食で親子クッキング」を開催しました

平成29年7月25日火曜日26日水曜日に、走井学校給食センターにて「夏休み 学校給食で親子クッキング」を開催しました。応募総数168件の中から厳選なる抽選を行い、各日10組 合計20組43名の親子が参加されました。

今回のメニューは、給食でも人気の高い「米粉カレーライス」「米粉マカロニサラダ」「フルーツミックス」を調理しました。
小麦粉の代わりに米粉を使い、アレルギーの方にも優しいメニューです。米粉マカロニは、今年度から取り入れた食材で、野菜の色を生かした緑や赤のカラフルなマカロニで、モチモチの食感もおいしさの特徴の一つです。
 親子で協力し合いながら、野菜の皮をむいたり、包丁で切ったりして、おいしく調理できました。
給食センターでの作業さながらを体験していただくために、大人気のラッキーキャロットでおなじみの人参の型抜き(今回はハート形とイルカ型)を切ってもらいました。また、調理員が給食調理の時に行っているように、生肉を調理鍋に入れる際には衛生的な手袋を着用して鍋に入れたり、できあがりの温度を測ったりする体験を通して、衛生面で気を付けている点もお伝えしました。
 試食の時は「給食よりもおいしくできた」とおかわりをして食べている児童もいました。
今回のイベントを通して、これからも親子で給食に興味を持っていただき、ご家庭でも給食の献立を作ってもらえたら嬉しいです。
(小学校給食ブログでは、「おすすめレシピ」も掲載していますので、そちらもご覧ください。)


親子で協力し、細かい人参を指先に注意しながら、丁寧に切っていました。


肉や野菜を炒めるときには、野菜がしんなりしていく様子を焦げないように、優しく混ぜながらずっと見守ってくれていました。


スパイスから作ったカレールゥは保護者からも人気が高く、おいしく仕上がったカレーライスを具が均一に入るように慎重に盛り付けしました。


いよいよ お楽しみの食事タイム!
みんなそろって「いただきます」の後には、自分たちで一生懸命作った料理を食べて、たくさんの素敵な笑顔かあふれていました。


栄養教諭の講話では、食事にかける時間の話や、お箸の持ち方の話、クイズやお箸で豆つかみ競争等をしました。

「夏休み企画 給食センター探検隊」参加者募集のご案内

いつもは入ることのできない学校給食センターの調理場などに入って、ミッションをクリアしながらセンターのしくみや秘密にせまり、探検をしませんか。
実際の調理釜、調理道具を見て触って体験して、給食への興味を深めていただけたらと思います。

(問い合わせ先:走井学校給食センター 電話6152-9501 担当:井沢・北之防・江川)
対象者

豊中市に在住の小学生とその保護者

日時

平成29年(2017年)8月1日火曜日・2日水曜日  ※どの回も同じ内容です。
  (1)午前9時30分受付 午後12時00分ごろ終了予定
  (2)午後1時30分受付 午後16時00分ごろ終了予定

場所

走井学校給食センター 
  豊中市走井3丁目27番1号 電話6152‐9501

内容

調理場内に入って親子で探検しながらミッションに挑戦

持ち物 上履き・飲み物・タオル
募集人数 各日程・各回ともに親子ペア15組(30人程度)
参加費

無料

申込方法

往復はがきに必要事項をご記入の上、申込締切日までに上記住所まで郵送、
もしくは7月1日より豊中市ホームページ(電子申込サービス)からお申込ください。
1、保護者の名前
2、児童の名前
3、住所、電話番号
4、小学校名、学年
5、参加希望日(第2希望日まで)

申込締切日 平成29年7月15日土曜日消印有効 (ホームページからの申込は15日土曜日17時まで)
その他

○児童のみの参加はできません。必ず大人とのペアで参加してください。
○申込多数の場合は、抽選により参加者を決定します。
○抽選結果については、返信はがきにてお知らせします。(ホームページ申し込み者にはメールにて)
○駐車スペースには限りがありますので、出来るだけ徒歩または自転車でお越し
ください。
○当日の様子の写真を市のHPで公開することがあります。その場合に、顔等が映り
 こむことがありますので、予めご了承願います。
○幼児の保育はありません。

申し込み終了致しました。たくさんのご応募ありがとうございました。抽選結果は7月14日(金曜)までに当選者の方に電話にてご連絡致します。

「夏休み 学校給食で親子クッキング」参加者募集のご案内

いつも学校で食べている給食を親子でクッキングしてみませんか。
作る楽しさ、食べる楽しさを体験し、給食への関心を深めてもらえたらと思います。

(問い合わせ先:走井学校給食センター 電話6152-9501 担当:岡田・北之防・江川)
対象者

豊中市に在住の小学生とその保護者

日時

平成29年(2017年)7月25日火曜日・26日水曜日  ※どちらも同じ内容です。
  午前9時開始 午後12時30分ごろ終了予定

場所

走井学校給食センター 調理実習室・研修室
  豊中市走井3丁目27番1号 電話6152‐9501

内容

親子で学校給食の献立を作って、食べよう。
  献立・・・米粉カレーライス/マカロニサラダ/フルーツミックス

持ち物 調理用のエプロン・三角巾・マスク・上履き・飲み物 ※飲み物の提供はありません
募集人数 各日程とも親子ペア10組(20人程度)
参加費

1人250円 親子ペアで500円
○当日受付でお支払い頂きます。
○キャンセルされた場合もお支払い頂きます。

申込方法

はがきに必要事項をご記入の上、申込締切日までに上記住所まで郵送、
もしくは7月1日より豊中市ホームページ(電子申込サービス)からお申込ください。
1、保護者の名前
2、児童の名前
3、住所、電話番号
4、小学校名、学年
5、参加希望日

申込締切日 平成29年7月7日金曜日消印有効 (ホームページからの申込は7日金曜日17時まで)
その他

○児童のみの参加はできません。必ず大人とのペアで参加してください。
○申込多数の場合は、抽選により参加者を決定します。
○抽選結果については、後日電話にてお知らせします。
○駐車スペースには限りがありますので、出来るだけ徒歩または自転車でお越し
ください。
○当日の様子の写真を市のHPで公開することがあります。その場合に、顔等が映り
 こむことがありますので、予めご了承願います。
○幼児の保育はありません。

ふれあい緑地フェスティバルに参加しました

2017年5月3日(水・祝)にふれあい緑地フェスティバルが開催され、給食課も出展しました。
当日は天候に恵まれ、会場にはたくさんの方が来場していました。
給食課のブースにもたくさんの方がお越し下さり、「おだしのおいしさ比べ」や天然だしで作った「大根と厚揚げの煮物」の試食、センターで着用している白衣を着て調理・配食の模擬体験をして頂きました。
実際に給食調理で使用している器具の重さや釜の大きさに驚かれる方も大勢いました。
また、パネル展示で給食課の取り組みを紹介したり、新旧の食器や食缶、現在給食で提供している添加物(ふりかけやゼリーなど)を展示しました。
たくさんの方にとよなかの給食を知って頂く機会となりました。
より良い給食のためにこれからも給食課一丸となり頑張って参ります。

食育講座イベント ~知って・わかって学校給食~ 応募期間を延長します。

受付を終了しました。


小学校の給食ってどんなものだろう?おいしいのかな?安全なのかな?こども園に通う子どもの小学校給食に興味はありませんか?
走井学校給食センターで、見学や試食をします。どんなところで、どんなふうに給食が作られているのか、給食について「来て、見て、食べて」体験してみませんか?


○日時         平成29年(2017年)3月7日火曜日
             9時30分~12時(受付開始9時15分)
○場所         走井学校給食センター
○対象         未就学児と保護者(保護者のみの参加も可)
○定員          20組程度
○参加費        給食試食費として1食194円
             (牛乳はつきません)
○申し込み方法    走井学校給食センター 
             06-6152-9501まで。先着順
            
             電話受付担当:エカワ・アサノ
            
○締切           2月27日月曜日まで 

                       
○内容         施設見学、給食センター調理員・環境部職員による講座、給食試食ほか
              給食メニュー : 米粉豆乳パン、ポトフ、チキンの甘酢あんかけ、スパゲティのサラダ

地図


阪急岡町駅、豊中駅、蛍池駅から約1.7キロメートル
阪急バス 「宮川原橋」バス停 徒歩1分
※駐車スペースに限りがありますので、ご来場は公共機関をご利用ください。

食育講座イベント ~知って・わかって学校給食~を開催します。

受付は終了しました。当選者には電話にて連絡させていただきます。

小学校の給食ってどんなものだろう?おいしいのかな?安全なのかな?こども園に通う子どもの小学校給食に興味はありませんか?
走井学校給食センターで、見学や試食をします。どんなところで、どんなふうに給食が作られているのか、給食について「来て、見て、食べて」体験してみませんか?


○日時         平成29年(2017年)3月7日火曜日
             9時30分~12時(受付開始9時15分)
○場所         走井学校給食センター
○対象         未就学児と保護者(保護者のみの参加も可)
○定員          20組程度
○参加費        給食試食費として1食194円
             (牛乳はつきません)
○申し込み方法    はがきに催し名・住所・保護者の名前・電話番号・
             参加する子どもの人数・年齢を記載のうえ、
             下記まで。
             〒561-0891 豊中市走井3丁目27番1号
             走井学校給食センター
○締切           2月17日金曜日 消印有効
※申し込みが定員超過の場合は抽選と させて いただきます。
              当選者には2月21日火曜日以降に
              電話にてお知らせします。
○内容         施設見学、給食センター調理員・環境部職員による講座、給食試食ほか
              給食メニュー : 米粉豆乳パン、ポトフ、チキンの甘酢あんかけ、スパゲティのサラダ

地図


阪急岡町駅、豊中駅、蛍池駅から約1.7キロメートル
阪急バス 「宮川原橋」バス停 徒歩1分
※駐車スペースに限りがありますので、ご来場は公共機関をご利用ください。

平成28年(2016年10月25日火曜日から28日金曜日まで、11月8日火曜日から10日木曜日まで)

給食センターへ下記の日程で中学生が職場体験に来てくれました。

 午前中は、野菜を洗ったり、大きな釜で食材を混ぜておかずを作ったり、フライや焼き魚等のおかずをクラス毎に間違えのないように数えて食缶に入れてもらったり、主に給食づくりの体験をしてもらいました。午後からは、各小学校から返却された食器や食缶を洗浄する体験をしてもらうなど、給食センターの一日の仕事をいろいろ体験してもらいました。

 大おかずを作る作業では、スパテラ(大きなしゃもじのような調理道具)を使って大量の具材を混ぜるのですが、重たい食材をいかに効率よく焦がさずに混ぜるかのコツを伝えると、そのコツどおり丁寧に一生懸命に混ぜている姿がとても素敵でした。どの作業でも調理員の話をしっかり聞き、真剣に取り組む姿が、一緒に作業していて気持ちがよかったです。
この経験を活かし、これからの進路に少しでも役立ててもらえたらと思います。

走井学校給食センター
10月25日火曜日から27日木曜日まで 第三中学校 3名
10月26日水曜日から28日金曜日まで 第五中学校 3名
原田学校給食センター
10月25日火曜日から27日木曜日まで 第三中学校 4名
11月8日火曜日から10日木曜日まで 第十二中学校 4名

野菜を洗っている様子の写真
土や虫、異物などがついていないかチェックし、丁寧に野菜を洗う様子


大きな釜で大おかずを作っている様子

焼き魚の数を数える様子の写真
真剣なまなざしで焼き魚の数を数える様子

修了証を手渡す様子の写真
最後に一人ずつ修了証を渡しました

豊中市制施行80周年記念 「とよっぴーフェスタ」 に参加しました

10月22日土曜日、緑と食品のリサイクルプラザで「とよっぴーフェスタ」が開催され、学校給食センターも日頃の食育への取り組みを知っていただくために参加しました。
当日は、移動釜による試食の提供や模擬調理体験・食育への取り組みについて写真によるパネル展示を行いました。
試食の「バチ汁」は大好評で、用意した250食も1時間ほどでなくなり、模擬調理体験では実際に学校給食センターで使用している白衣・エプロンを着用し、スパテラ(大きなしゃもじ型の調理器具)で釜をかき混ぜることや、配食の体験をしてもらいました。
さまざまな学校給食センターでの取り組みを紹介できたことで、多くの方々からご意見やご質問をいただきました。
今後とも安心・安全で美味しい給食を提供してまいります。

豊中市制施行80周年記念イベント「夏休み・学校給食センター探検隊」を開催しました。

2016年8月22日月曜日・23日火曜日に走井学校給食センターにて体験型イベント「夏休み・学校給食センター探検隊」を開催しました。

給食提供中は入ることができない学校給食センターの調理場を探検し、学校給食センターの仕組みを見て、給食がどのように作られているかの疑似体験をしていただき、給食に興味を持って食べてもらうことにつなげることを目的に開催しました。

2日間で親子50組 合計121名が参加してくださいました。
調理場内の地図とシールラリーカードを渡し、地図を見ながら親子が力を合わせて9つのミッションをクリアしてもらいました。
普段間近で見ることができない調理器具などの迫力も体感していただき、見学とは違った角度から給食を知っていただけたかと思います。


ヘアキャップを着けて、調理員と同じエプロンを着用!


実際の調理釜で、親子で力を合わせて大きな釜を混ぜています。
「重たい!」「大きいなぁ!」という楽しそうな声がたくさん聞こえてきました!


フライヤー(大型揚物調理機)でミンチカツ(に見立てたもの)を指定された個数を数えて食缶(おかずの入れ物)に入れるミッション。
数を間違えないよう真剣な表情でした。


最終ミッションでは、マチカネくんとじゃんけんをして、「探検隊修了証」をゲット!

春まつりに参加しました。

2016年4月24日 日曜日、新千里南町三丁目自治連合協議会が地域住民の親睦と、地域防災知識の向上を目的に開催された春まつりに参加しました。
私たちは、走井学校給食センターにある移動できる釜で豚汁の炊き出し配布訓練を行いました。
当日は晴天に恵まれ、たくさんの方に豚汁を食べていただきました。
大きな釜で調理している様子に興味を持って見に来られる方が多く、九州の震災の件もあり、防災に対する意識が高まっている事を感じました。
また、大人は給食の懐かしい味を楽しんでくださる姿も見受けられました。大量の豚汁を1食分の汁と具のバランスを考えながら配食している事に「さすが学校給食センターの方だなぁ」と、感心してくださる方もいました。
給食センターのブースは大行列で、準備していた200食が、あっという間になくなる程の大盛況でした。

食育講座イベント ~知って・わかって学校給食~を開催しました。

2016年3月8日火曜日、走井学校給食センターにて、初の食育イベント「知って・わかって学校給食」を開催しました。
今回は、未就学児とその保護者に的を絞り、給食についての色々な事を「知って・わかって」いただくことを目的としました。

見学通路では、実際に給食を作っている様子を窓から見ながら、展示してある実物の調理器具を触って、その重みや、感触を体験していただきました。
また、パワーポイントでの「給食講座」や、小さい子どもにも理解しやすい、読み聞かせ「食品ロス講座(中部事業所職員より)」を行いました。
アニメーションを駆使した読み聞かせがはじまると、集中して聞き入る子どもの姿がたくさん見られました。
最後には、できたての給食を試食していただき、まさに「来て、見て、食べて」いただけた講座になったかと思います。

ご参加いただいた方々のアンケートからは、「楽しかった」「おいしかった」などなど、ご好評の声を多くいただきました。
今回いただいた貴重なご意見を糧に、今後の活動にも生かしていきたいと思います。
これからも、安全でおいしい給食作りに力を注ぐ一方でこうしたイベントも開催していく予定ですので、走井学校給食センターに遊びに来てくださいね。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

教育委員会事務局 学校給食課
〒561-0891 豊中市走井3丁目27番地の1
電話:06-6843-9101
ファクス:06-4307-5610

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る