このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスへの対応にかかる障害児通所支援事業所への補助制度について

更新日:2021年5月7日

新型コロナウイルス感染症の影響下、障害児通所支援事業所が継続的なサービスを提供できるよう以下の経費を補助します。

令和3年度豊中市障害福祉施設等の感染拡大防止物品購入支援補助金について

市内通所支援事業所における新型コロナウイルス感染拡大防止対策等に伴って生じる経費を補助します。

対象経費

要綱別表1に定める感染拡大防止物品の購入に要した経費かつ令和3年(2021年)4月1日から令和3年(2021年)9月30日までに支出した経費

必要書類

(1) 補助金交付申込兼実績報告書(様式第6号)
(2)事業計画書兼実績報告書(別紙1)
(3)内訳書(別紙2)
(4)レシートや領収書等の支出したことがわかる書類

申込方法

(1)上記必要書類を豊中市こども相談課まで郵送で提出してください。窓口への持参も可能です。
(2)前月までに支出した経費をまとめて毎月15日までに申込してください。ただし、複数月分をまとめて申込いただくことも可能です。
(3)最終提出期限は令和3年(2021年)12月28日(火曜)(※消印有効)ですが、予算が無くなり次第終了します。

1事業所あたりの上限金額

50,000円

その他

本補助金に関するお問い合わせは、原則メールでのみ対応させていただきます。
メールの件名に、「【質問】令和3年度障害福祉施設等の感染拡大防止物品購入支援補助金について」と記載のうえお送りください。

障害福祉サービスにおけるテレワーク等導入支援事業(受付終了)

発達障害児に対する専用VR機器等を活用したソーシャルスキルトレーニングによる学習・訓練の実施体制の整備に要する費用を補助します。

対象経費

専用VR機器を活用したソーシャルスキルトレーニングの実施に用いるVR機器等のハードウェア、ソフトウェア、クラウドサービス、保守・サポート費、導入関連経費、セキュリティ対策など。

障害福祉サービス等事業者に対するサービス継続支援事業(受付終了)

障害児通所支援事業所が、感染機会を減らしつつ必要なサービスを継続して提供できるよう、通常のサービス提供時には想定されない
かかり増し経費について補助します。

対象となる事業所

(1)障害福祉サービス等事業者のサービス継続支援
  1.大阪府または市から休業要請を受けた通所系サービス事業所、短期入所サービス事業所
  2.利用者または職員に感染者が発生した事業所(職員に複数の濃厚接触者が発生し、職員が不足した場合を含む)
  3.濃厚接触者に対応した事業所
  4.1から3以外であって、当該事業所の職員により、利用者の居宅においてできる限りのサービスを提供した事業所

(2)障害福祉サービス等事業者との連携支援
  以下のいずれかに該当する事業所の利用者の受入れや職員が不足した場合に、応援職員の派遣を行った連携先の事業所・施設
  ・(1)の1または2の事業所
  ・感染症の拡大防止の観点から必要があり、自主的に休業した事業所

医療的ケア児等の障害児通所支援事業所送迎支援金(受付終了)

本市に居住し医療的ケアを必要とする児童が利用する障害児通所支援事業所のうち、福祉タクシーを利用して対象児童を送迎する場合に発生する費用について補助します(ただし、送迎加算を算定しない場合に限る)。

補助金額:対象児童1人につきひと月あたり3,080円以内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

こども未来部 こども相談課
〒560-0023 豊中市岡上の町2丁目1番15号 豊中市すこやかプラザ1階
電話:06-6858-2285
ファクス:06-6846-6080

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ