このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症による利用者負担額(保育料)および給食費の取扱いについて

更新日:2020年4月3日

 新型コロナウイルス感染症により、施設利用する児童が施設の休園や登園回避等により施設を利用できなかった場合の利用者負担額(保育料)及び給食費については、以下の取扱いとさせていただきますので、下記のとおり書類の提出をお願いします。

1.該当理由

  地域公衆衛生の観点からの休園した場合、市よりの要請により登園しなかった場合などが該当します。
  【詳細は「新型コロナウイルス感染等による保育料等の軽減について」をご覧ください。】
  ※なお、令和2年3月2日以降、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、家庭での保育に
   協力するため登園自粛して頂いているのは「市の要請により登園しなかった場合」に該当します。

2.軽減の範囲

保育料について

3号認定児童で、3月2日以降、1の理由により当月に登園できない日があった場合には、日割り計算により保育料を軽減します。(認可外施設を除く)
軽減額・・現在の保育料 × 登園できなかった日数 ÷ 月の施設開所日数(25日)


  

給食費について

1号認定児童・2号認定児童で、3月2日以降、1の理由により登園できない日があった場合は、給食費を軽減します。
公立認定こども園の給食費の軽減額計算方法・・・240円(日額)×欠席日数  ※欠席日数は園を通じて確認いたします。
※副食費が免除されている方は、240円ではなく、日額60円(主食費のみ)となります。
※給食費の軽減額については、こども事業課(電話番号06-6858-2255)までお問合せください。  
※民間園の給食費の軽減額計算方法は、各園により異なります。
 
          

3.還付方法について

  保育料または給食費の軽減が認められた場合、原則還付となります。

  軽減される額は「新型コロナウイルス感染等による保育料等の軽減について」に記載しています計算式でご確認ください。

  還付方法はご利用施設により下記のとおりとなります。

  【公立認定こども園の保育料または給食費還付方法】

   市から保護者へ還付します。
  
  【民間保育所の保育料または給食費還付方法】

   保育料・・・市から保護者へ還付します。
   給食費・・・各施設で還付方法が異なります。施設からの案内をお待ちください。
 
 
  【民間認定こども園・小規模保育事業・事業所内保育所の保育料または給食費還付方法】

   各施設で還付方法が異なります。施設からの案内をお待ちください。

   

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

こども未来部 子育て給付課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2252
ファクス:06-6854-9533

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ