このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年(2021年)7月から新たな多胎児世帯への支援を開始します

ページ番号:202677026

更新日:2021年6月16日

多胎児世帯への支援について

 豊中市は、多胎児(ふたご、みつごなど)世帯の子育て負担等を軽減するため、令和3年(2021年)7月1日(木曜)から「多胎児家庭育児支援事業」と「ファミリー・サポート・センターの利用料補助」を開始します。対象となるのは、いずれも3歳までの多胎児がいる世帯です。
 多胎児の保護者の皆さんが抱える心身の不調や育児不安などを軽減し、より安心して子育てできるよう、寄り添いながらサポートをしていきます。

(1)多胎児家庭育児支援事業

 対象家庭の育児を、専門知識を持つ支援員がサポートします。保護者が支援を通じて育児方法を学んだり、育児に関する相談をしたりすることができます。

(2)ファミリー・サポート・センターの利用料補助

 子育ての支援を必要としている人と、支援ができるボランティアのマッチングを行う「ファミリー・サポート・センター」による子育て援助活動の利用料補助を行います。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

こども未来部 こども政策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2258
ファクス:06-6854-9533

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで