このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

ワーク・ライフ・バランスの推進

更新日:2017年9月19日

ワークライフバランスについて

ワーク・ライフ・バランスって何?

 ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事と生活の調和」を意味します。

 仕事は、暮らしを経済的に支え、生きがいや喜びをもたらすものです。それに加え、今、男女を問わず、仕事をしながら子育てや家庭での時間も大切にしたいと考える人が増えています。そうした働く人の価値観やライフスタイルの変化に対応して働き方を見直し、仕事と生活の調和を図る考え方や取組みが重視されるようになりました。

 ワーク・ライフ・バランスの推進によって、働く人は、仕事の密度を高めて時間を生み出し、それを仕事以外の時間に振り替えることが可能になります。そうすることで、仕事とともに家庭や地域での活動も充実させることができ、自分の望むバランスで自分らしい人生を送ることにつながります。

 また、企業は、仕事の中の無駄を見直し業務の効率化を図ることで、生産性の向上が見込めます。さらに、家庭や社会貢献を重視する企業として、社会的イメージの向上にもつながります。

 ワーク・ライフ・バランスは今や、国の大きな政策のひとつ。
 2007年に制定された「仕事と生活の調和(WLB)憲章」では、企業や行政の積極的な取組みを求めるとともに、働く人にも、仕事の責任を果たしつつ個人の生活も大切にする働き方への意識の変革を求めています。

市民向けのワーク・ライフ・バランス推進公開講座について

平成29年度実施済みのワーク・ライフ・バランス支援講座

平成29年8月5日・19日「保育所の入り方・先輩ママに聞く子育て仕事の両立」

1回目は「保育所の入り方」ということで、こども未来部職員から制度の説明や提出書類の書き方、選考方法等についてお話しました。

2回目は「先輩ママに聞く子育てと仕事の両立」ということで、参加者の居住地域ごとに5つの班に分かれ、先輩ママの体験談を聞き、情報交換しました。

アンケートより:
・仕事と育児の両立ができるかどうか不安でしたが、先輩ママの意見を聞き安心しました。
・保育所以外の子育ての悩みを共有できてよかったです。
・先輩ママのお話は身近に感じられて今後の参考になりそうです。

平成28年度実施済みのワーク・ライフ・バランス支援講座

平成29年3月11日「みんなで楽しむ子育て~ふれあいと音楽遊び~」

あたらすファミリーさんによるふれあい歌遊び、音楽サロンくつろぎさんによる音楽遊び、サイコロを使った交流などを行いました。
子どもの楽しむ姿を通して、子どもの思いを知り、子育ての楽しさに気づける機会になったように思いました。
アンケートより:
・他の参加者と話せて楽しかったですし、気持ちも楽になりました。
・子どもが積極的に楽器に触れようとしていたのが印象的だった。
・紙ふぶきやハンドベル演奏等、今までにやってない新しいことが出来て楽しめました。

平成28年12月21日「育休カフェ~できたらいいな 育休友達~」

前半は、NPO法人ファザーリング・ジャパン関西 社会保険労務士 藤原弥季さんから、復職後の仕事・家事の効率化についてお話いただきました。
後半は、就労中の妊婦・育児休業中の参加者のみなさんで、仕事と育児について語り合っていただきました。
アンケートより:
・育休中に仕事について同じ立場の人と話したかったので参加して良かった。
・仕事と育児の両立ができるか不安で、復職後の生活をイメージしたかったので、講師の方の本音の体験談を聞けて良かった。

平成28年11月28日・12月10日「保育園の入り方・先輩ママに聞く子育てと仕事の両立法」(庄内公民館と共催)

1回めはこども未来部職員から「保育所の入り方」ということで、新制度の説明や申込み書類の書き方についてお話ししました。

2回めは「先輩ママに聞く子育てと仕事の両立法」ということで、参加者の居住地域ごとに4つの班に分かれ、先輩ママの体験談を聞き、情報交換しました。
アンケートより:
・リアルで貴重な話が聞けて良かった
・地域の人から情報を聞けて、楽しくお話できて良かった
・両立するために参考となった

平成28年9月24日「みんなで楽しむ子育て~ふれあい・音楽遊びを通して~」(蛍池公民館と開催)

ふれあい歌遊び、バスタオルを使った遊び、サイコロを使った交流などを行いました。
子どもの楽しむ姿を通して、子どもの思いを知り、子育ての楽しさに気づける機会になったように思いました。
アンケートより:
・笑顔がつながっていくことが実感できました。
・他の保護者の姿から活力をいただきました。
・家ではなかなかできないダイナミックな遊びも出来て、子どもと楽しめました。

平成28年6月25日 「働く妊婦カフェ~できたらいいな。働く妊婦友達~」(中央公民館と共催)

前半は、豊中市こども未来部職員から”保育所制度”についての説明を行いました。
後半は、参加者のみなさんで、「仕事と育児 両立大作戦!」ということで、仕事と家庭の両立のアイディアを出し合ってみました。

平成27年度実施済みのワーク・ライフ・バランス支援講座

平成28年3月12日「みんなで楽しむ子育て~ふれあい・音楽遊びを通して~」(蛍池公民館と共催)

「カマキリマッサージ」等のふれあい遊び、ハンドベルを使った遊び、「どんな気持ちカード」を使った交流を行いました。
子どもの楽しむ姿を通して、子どもの思いを知り、子育ての楽しさに気づける機会になったように思いました。
アンケートより:
・和やかなムードで楽しめました。
・他の父親と交流ができて良かったです。
・子どもがすごく楽しそうでよかったです。

平成28年2月6,13,20,27日 「つながる!やくだつ!パパ講座~子育てを楽しもう~」

「子育てってどうするの?」「みんなこういう時どうしてるの?」
そんなお父さんたちのために、同じ悩みをもつお父さん同士の情報交換や、子育てのコツを学ぶための講座です。
6日13時30分から15時まで(子どもの発達とヒヤリハット)
13日10時から11時30分まで(パパの遊び方講座)
20日10時から14時まで(パパの料理教室)
27日10時から11時30分まで(お金とライフプラン)

アンケートより:
・非常にいい勉強になりました。
・子どもの発達から遊び、ライフプランまでいろいろとおろそかになっているところを軸とした内容でとても助かりました。

平成27年12月10日 『育休カフェ~できたらいいな。育休友達~』(中央公民館と共催)

前半は、講師の社会保険労務士・土井文子さんに、復職後の仕事・家事の効率化についてお話しいただきました。
後半は、13名の参加者のみなさんで、ちょっと悩んだ時に気軽に相談できる「育休友達」になれるよう、仕事と育児について語り合っていただきました。

平成27年6月27日 『働くカフェ~できたらいいな。働く妊婦友達~』(中央公民館と共催)

講師:市職員

平成26年度実施(中央公民館と共催)

(1)平成27年3月14日 パパ&ママで考えるハッピー!子育て
講師 ファザーリング・ジャパン関西 理事長 和田 憲明さん
・参加者アンケートより
「同じ父親の参加者の話が、とても参考になりました。」 「夫婦お互いのことを考えるいい機会になりました。」
(2)平成27年3月28日 パパのための子育ての楽しみ方(実践編)
講師 ファザーリング・ジャパン関西 桜井 一宇 さん
・参加者アンケートより
「父親のためのこのような講座が定期的にあればいいと思います。」 「他の色々なパパと話せてよかったです。」
(3)平成27年3月28日 自分らしくいきいきと~仕事と育児の両立講座~
講師 ファザーリング・ジャパン関西 藤原 弥季 さん
・参加者アンケートより
「講師が働くママであり、説得力がありました。」 「他のワーキングマザーと話ができてよかったです。」 「育児や家事の時短テクニックについても聞きたかったです。」

企業・団体向けのワーク・ライフ・バランス推進出前講座について

 豊中市内の企業、事業者や団体に対して講師を派遣し、ワーク・ライフ・バランスを推進することの企業メリット等について講演します。
 職場でワーク・ライフ・バランスについて話し合い、身近なことから行動に移してみませんか?
 詳細は、こちらのページをご参照ください。

企業向け、働く人向けのワーク・ライフ・バランス冊子

ワーク・ライフ・バランスに取り組む必要性や取組み内容などを掲載した解説書です。
これは、豊中市次世代育成支援行動計画こども未来プラン・とよなか(後期計画)に位置づけている、仕事と子育ての両立支援を推進するため作成したものです。是非、ご活用ください。

中小企業における「両立支援(ワーク・ライフ・バランス)」調査研究・啓発事業

ワーク・ライフ・バランスについて、市内中小企業に対し平成22年度、23年度の2カ年にわたり調査を行いました。
詳細は、こちらのページをご参照ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

こども未来部 こども政策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2258
ファクス:06-6854-9533

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

子育て支援

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る