このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

助産施設への入所(助産制度)

更新日:2016年1月1日

1)利用できる人

 この制度は、児童福祉法に基づくもので、生活保護世帯等の経済的理由により入院助産が困難な場合、指定の助産施設(病院)で出産できるものです。

2)助産施設

 指定の助産施設は以下の病院になります。助産制度をご利用の場合には、事前に制度を利用できるかどうか病院まで直接確認をお願いします。

 豊中市内・・・市立豊中病院
 豊中市外・・・箕面・池田・大阪市等の市立病院、済生会中津病院、済生会吹田病院、 ほか

3)自己負担

 なお、この制度を利用した場合でも、出産時の諸雑費の費用は自己負担になります。

4)事前相談

 制度のご利用にあたっては、窓口での事前相談が必要となります。相談のない場合、制度のご利用が可能な人でも、制度をご利用することができなくなることがありますのでご注意ください。

出産育児一時金について

助産制度の案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

こども未来部 子育て給付課 家庭給付係
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2269
ファクス:06-6854-9533

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ