このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

緊急事態宣言に伴うこども園の対応について

更新日:2020年4月8日

 改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、大阪府を対象地域とする緊急事態宣言が発令されました。
 このことに伴う、本市内の公立こども園の対応は、下記のとおりです。なお、民間保育所等にも同様の対応を要請します。
 保護者の皆さまにおかれましては、緊急事態宣言の趣旨を十分ご理解いただき、登園の自粛や預かり保育の時間短縮にご協力いただきますようお願いいたします。
※新型コロナウイルスにつきましては、日々状況が変化しているため、必要に応じて変更が生じる場合がありますことをご了承ください。

対応

公立こども園など

  開園します。
 ただし、施設の利用制限や外出自粛を伴う緊急事態宣言の趣旨をご理解いただき、できる限り登園の自粛をお願いします。また、預かり保育の時間短縮などご協力お願いします
 なお、家庭保育に協力いただいた場合は、保育料・給食費の還付等を予定しています。
 

 次に該当する場合は、登園できません。

  • 児童に、発熱(37.5度以上)、咳などの症状がある場合
  • 保護者などが感染し、児童が濃厚接触者と特定された場合

私立幼稚園(私学助成園、新制度園)・幼稚園型認定こども園

 各園の判断となります。
 なお、臨時休園となった場合でも、ひとり親家庭や共働き家庭など個別の事情により、家に一人でいることができない年齢の子どもの預かりが必要であることから、預かり保育について、各園にご対応いただくよう、市から要請します。
 家庭での保育が可能な場合は、登園の自粛にご協力いただきますようお願いします。

その他

 各ご家庭でも、手洗い・うがいの徹底、こまめな換気の実施などの健康管理に十分気を付けてください。

参考(市内感染者の状況別対応)

市内の感染者の状況に応じた公立こども園等の対応は次のとおりです。

【フェーズ2】現時点(市内に感染者が確認された場合)

開園としますが、保護者に対し注意喚起を行います(登園は可能、保育は実施します)
※保護者等が感染し児童が濃厚接触者と特定された場合、登園できませんので、家庭保育をお願いします。

【フェーズ3】(市内の就学前施設・児童発達支援センターに感染者が確認された場合)

  • 当該施設は、2週間の臨時休園
  • 公立こども園および児童発達支援センターは開園(自主登園)しますが、市内施設で発生したことを踏まえ、注意喚起および家庭保育を推奨します。

※民間施設においては、自主的に臨時休園の判断をすることを妨げません。
※感染児童の兄弟に対し、自宅待機を要請します。

【フェーズ4】(市内の複数の就学前施設など(民間含む)で感染者が確認された場合)

フェーズ3の対応に加え、発生状況(発生地域、発生時期など)を踏まえながら、市域全体もしくは地域を限定した臨時休園を検討します(一律での臨時休園は原則行いません)

関連リンク

お問合せ

こども未来部 こども事業課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2256
ファクス:06-6854-9533

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ