このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

千里川水位情報システム

更新日:2016年3月18日

(目的)
大雨における千里川の増水状況を沿道住民に知らせ、非常時に備えてもらうことを目的としています。
(内容)
千里川水位情報システムとは、千里園3丁目15番付近の千里川に架かる春日橋に設置した水位計により千里川の水位を測定し、一定の水位に達すると春日橋から国道176号までの間に設置した放送設備から放送と回転灯で情報を市民に知らせることにより、注意喚起を促すものです。
河床より1.7mになった時点でアナウンスとイエスタディの音楽が流れるとともに黄色灯が回転し、2.5mに達した時点でサイレンが鳴り、赤色灯が回転します。

(予定)
毎年放送訓練をおこなっており、平成28年(2016年)は5月24日(雨天中止の場合、5月27日)に行います。
訓練日前後の降雨状況により、予告なしに中止する場合もあります。

千里園3丁目1番地先における設置状況です。その他については千里川情報システム設置位置図をご参照ください。

よくある質問

(質問)大雨時に千里川の春日橋周辺で音楽がながれているんですが、なぜですか?

(回答)千里川の水位情報をお知らせするものです。春日橋で水位を測定し、河床より1.7mを超えるとアナウンスとメロディ(イエスタディ)が流れ、黄色灯が発光回転します。また、水位が河床より2.5mを超えるとサイレンが鳴り、赤色灯が発光回転します。

(質問)イエスタディが流れた時、行政はどのような対応をするのですか?

(回答)都市基盤部水路課及び消防本部に連絡が入り、消防本部でパトロールを実施します。

(質問)千里川にスピーカーは何箇所ありますか?

(回答)3か所あります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

都市基盤部 水路課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎4階
電話:06-6858-2455
ファクス:06-6854-0492

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る