このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

同報系防災無線スピーカーの増設について

更新日:2016年12月15日

 本市では、東日本大震災の発生を機に同報通信システムを活用した防災スピーカーの試験放送を定期的に実施しております。
 これまでの試験放送の経験を踏まえ、災害時における広域的な情報伝達を行うため、平成24年度、平成26年度及び今年度に防災スピーカーを新設、また防災サイレンを増設し、音声伝達地域の拡充を図りました。
●平成24年度 16個所に防災スピーカーを新設
●平成26年度 1個所に防災スピーカーを新設、5個所に防災サイレンを増設
●平成28年度 2個所に防災スピーカーを新設

平成28年度は、2個所に防災スピーカーを新設

 市役所第一庁舎の屋上及び豊中市立文化芸術センターの屋上に防災スピーカーを新設し、音声伝達地域の拡充を図りました。

運用開始:平成29年1月1日(日曜日

※増設したスピーカーからの放送音声伝達範囲は概ね500m。
  ただし、天候や建物立地等の諸条件により音達範囲が異なることがあります。

スピーカー音声伝達範囲

 同報通信システムは、災害発生及び発生後に屋外にいる市民の方々に多種の情報を伝達すること、また、避難所(小中学校)に対して情報を伝達する目的で設置するものです。音声の伝達範囲は屋外にて約250m~500mと限られており、室内での可聴を想定したものではありませんので、ご注意ください。
 なお、河川氾濫等の水害により避難が必要な場合には、まず広範囲に音の届くサイレン(約1,000m)を鳴らして注意喚起を行った後、スピーカーの放送で詳細な情報をお伝えするものとなっております。

※スピーカーから流れた音声の内容は電話(06-4865-9405)で確認できます。

防災スピーカー音達マップ(増設)
防災スピーカー音達マップ

試験放送など

 毎年、下記日程で市内62箇所に設置した防災スピーカーから試験放送を実施いたします。また、選挙のPR放送などにも活用しています。
 市民の皆さまの防災意識向上を図り、防災無線についての理解を深めていただくとともに、いざという時に有効に機能するよう無線設備の動作確認を行うものですので、ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

   ● 1月17日 「防災とボランティアの日」

   ● 3月11日 「東日本大震災 発災日」

   ● 9月1日  「防災の日」

   ● 9月5日 「おおさか880万人訓練」

防災スピーカーイラスト

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

危機管理課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎3階
電話:06-6858-2683
ファクス:06-6858-2667

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る