このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

扇風機が原因の火災にご注意を!

更新日:2017年7月11日

長期使用の扇風機にご注意ください

 これからの季節、扇風機を使用される機会が多くなることと思います。しかし、扇風機から煙が出たり、発火したりする事故が毎年のように発生しており、ご使用の際には注意が必要です。
 扇風機の火災事故は、製造から10年以上経っている製品で多く発生しており、その主な原因として、「長期使用による経年劣化」が挙げられます。劣化した部品が使用中に発熱・発火し、火災につながっており、経年劣化による事故は、年数が経つにつれて増加する傾向にあります。

このような異常に注意!

・スイッチを入れても、羽根が回らない
・羽根の回転が異常に遅かったり不規則だったりする
・羽根が回転するときに異常な音や振動がする
・モーター部分が異常に熱かったり、焦げくさいにおいがしたりする
・電源コードが折れ曲がっていたり破損したりしている
・電源コードに触れると、羽根が回ったり回らなかったりと不安定になる

 以上のうち、一つでも該当する場合はすぐに使用するのをやめ、電源プラグをコンセントから抜き、メーカーや販売店などに相談しましょう。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

豊中市消防局予防課
〒560-0023 豊中市岡上の町1-8-24
電話:06-6846-8449
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

 〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る