このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

令和元年度プレホスピタルセミナー発表会を開催しました

更新日:2019年12月4日

豊中市消防局の救急隊が、日ごろの訓練、教養の成果を発表しました

 豊中市消防局は、11月27日(水曜日)から11月29日(金曜日)までの3日間に渡り、プレホスピタルセミナー発表会を開催いたしました。
 この発表会の目的は、救急隊の救急医療水準を向上させるとともに、適正かつ時代のニーズに応じた救急活動を提供するため、日ごろの訓練、教養の習熟度を発表し救命技術の向上を図ることです。また、豊中女性防火クラブの皆様にもお越しいただき、救急隊の行う活動について間近でご覧になって頂きました。


会場全体


救急隊

 発表会は、実際の救急事案に即した内容で、想定した症例数は9症例です。
内容としては、急性心筋梗塞脳血管疾患熱中症低血糖発作交通外傷心肺停止など、病気や怪我といった様々な症例を想定しました。
 1救急隊が1症例を、約15分間の限られた時間の中で対応していきます。


 審査委員長に医療機関から医師をお招きし、各救急隊の活動ごとに、救急活動内容について評価をしていただきました。

 医学的な内容についても見学者の方々に、分かりやすくご説明をしていただきました。

 見学者の方へ、『「もしも、ご自身が救急車を呼んだら・・・わが町の救急隊の活動」、そういう目線で、ご覧になっていただきたい』とご説明をしていただきました。
 また、救急救命士や救急隊員を指導する、指導救命士も評価に加わり、救急隊の活動の評価を行いました。


指導救命士による評価


 開会には、見学者の方へ救急活動についての広報を織り交ぜ、
「もしもの時」の不安や疑問点を少しでも解決できるよう取り組みました。

 発表会の終盤では、会場でご見学いただいた方々から、現役の救急隊員に対し質問を行う時間を設けました。
 将来、救急救命士を目指す学生さんからは、憧れとする先輩の姿に瞳を輝かせ質問をしている姿が印象的でした。

 今回の発表会で得られた知識・技術・経験を元に、日々複雑化、多様化する救急現場に対応するため、私たちはこれからも努力を続けていきます。

お問合せ

消防局 救急救命課
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06-6846-8410
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

イベント

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ