このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

コロナと熱中症の症状よく似ています

更新日:2020年6月22日


新型コロナウイルス感染症が流行している中で、熱中症にも注意しなければいけない時期がやって参りましたが、これらの症状はよく似ています。
身体がベタつく、だるい、頭がふらふらする、発熱、頭痛などという症状が熱中症で、これは新型コロナウイルス感染症の軽度の症状とよく似ているので、見分けるのは難しいです。では、どうすればいいのでしょうか?

熱中症の原因となるような環境や生活習慣を避けましょう

<無理をせず暑さを避けましょう>
感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
暑い日や暑い時間帯は無理をしないようにしましょう。

<風通しをよくしましょう>
日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぐことができます。

<軽装で熱と汗を発散しよう>
ゆったりとした服装で、衣服の中や体の表面に風をとおし、体から出る熱と汗をできるだけ早く逃がしましょう。帽子やクール素材の衣服を使うと、さらに快適に過ごせますよ。(帽子は時々はずして、汗の蒸発を促しましょう。)

<水分・塩分をこまめに摂りましょう>
1日あたり1、2リットルを目安に、のどが渇く前に水分補給をしましょう。
大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに摂取しましょう。

予防ができていれば、原因が熱中症ではなく、新型コロナウイルス感染症の可能性を疑う判断になります。
熱中症にならないように予防知識をしっかり身につけましょう!

熱中症に関してのお知らせ

今年の熱中症の搬送人数はこちら(熱中症統計)
マスクによる熱中症に注意(マスクで熱中症の危険性があります)
熱中症予防に関してはこちら(Stayhome&Coolhome~適温な住まいでスマイル~)

熱中症予防啓発ポスター

豊中市と大塚製薬株式会社は、連携協定を締結し、熱中症予防啓発のポスター「熱中症に気をつけよう!」を作成しました。

熱中症に気をつけよう

お問合せ

消防局 救急救命課
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06-6846-8410
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

イベント

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ