このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

救急車の適正利用について

更新日:2016年10月18日

今、命にかかわる病気やケガで救急車を必要としている人がいます。

その救急要請本当に必要ですか?

豊中市消防局は平成27年4月に能勢町の消防事務を受託し、安心・安全のため、豊中市に11台、能勢町に2台、合わせて13台の救急車を配置しています。

近年、救急車の出動が増えており、救急車が救急現場に到着するまでの時間が長くなっています。
救急車の利用は、緊急に医療処置が必要な傷病者で、迅速に搬送する手段がない場合が原則です。
 
平成27年中の救急出場件数は、22,094件あり、23.8分に1回の割合で出場しています。
 
搬送人員は、19,626人ですが、11,812人(60.2%)が軽症でした。

救急車は限りある資源です。救急車の適正利用について、ご理解とご協力をお願いします。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

消防局 指令情報課
〒561-0861 豊中市東泉丘4丁目6番7号
電話:06-6843-2345
ファクス:06-6857-3119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

 〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る