このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

AED(自動体外式除細動器)について

更新日:2016年9月29日

AEDとは、けいれんしている心臓に電気ショックを行うための機械のことです。

Automated:自動 External:体外式 Defibrilater:除細動器

突然、心臓が止まるのは、心臓がけいれんしている「心室細動」が原因であることが多く、この場合、できるだけ早く心臓に電気ショックを与え、心臓のけいれんを取り除くことがとても重要です。

2004年7月より医療従事者ではない一般市民でも使用できるようになり、救急車はもちろんのこと、病院や診療所、空港、駅、スポーツクラブ、学校、企業、公共施設等で人が多く集まるところを中心に設置されています。

AEDは、操作方法を音声で指示してくれるため、誰でも簡単に使用することができますが、講習会で心肺蘇生とともにAEDの使用方法を身につけておくことが望まれます。

AED設置場所検索

AEDマップ

AEDの設置場所がわかるAEDマップが公開されております。緊急事態に備え、身のまわりのどこにAEDがあるのかを普段から把握しておきましょう。

お問合せ

消防局 救急救命課
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06-6846-8410
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ