このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

市民救命サポーター

更新日:2016年6月1日

市民救命サポーター制度

自主防災の理念を基に、豊中市消防局管轄区域内の事業所等及び市民を対象として、日常及び災害時における救急事故による負傷者等の救護活動を実施し、安心・安全のまちづくりを推進することを目的としています。
消防局では、日常において発生した救急事故により早く現場に駆けつけて、119番通報、応急手当等を適切に実施していただき、救命率の向上を目指すことを目的に、平成15年6月から「市民救命サポーター制度」を開始しました。そして、豊中市が掲げている「防災力を高めよう」「安心・安全のまちづくり」という方針に基づき、自助・共助体制作りの拡大が重要であるとの考えから、平成16年に制度の見直し、拡大を行いました。

市民救命サポーター・ステーション


市民救命サポーター・ステーション認定証票

救急に関する安心・安全の事業所、施設として認定しています。
従業員の半数以上が救命手当を身につけ、事業所、施設、地域周辺での救急事故の救護に協力していただきます。
対象事業所は、本活動目的の主旨に賛同し、継続して活動が可能な下記に該当する事業所等で、給油取扱所、従業員が10人以上の事業所で不特定多数の者が利用する施設、従業員が10人以上の事業所で車両を使用し外回り業務を行う事業所、福祉施設、市の施設、スポーツ施設などです。
登録するには、対象事業所等において普通救命講習修了者が全従業員の半数以上が在籍していることが必要となります。
普通救命講習修了者とは、新たに当該講習を受講した者及び既に普通救命講習を修了している者について、豊中市消防局が定める期間内に再講習を受講し常に有効な普通救命講習の知識・技能を有していると認められる者です。

市民救命サポーター・ほーむ


市民救命サポーター・ほーむ認定証

地域で発生した救急事故の救護に協力していただく、個人を認定しています。
各個人、家庭において、救命手当を身につけ、自宅周辺や地域での救急事故の救護に協力していただきます。
対象者は、 本活動目的の主旨に賛同し、継続して活動ができる市民のみなさまです。
登録するには、豊中市消防局管轄区域内の居住者で、普通救命講習を修了していることが必要となります。
普通救命講習修了者とは、新たに当該講習を受講した者及び既に普通救命講習を修了している者について、豊中市消防局が定める期間内に再講習を受講し常に有効な普通救命講習の知識・技能を有していると認められる者です。

お問合せ

消防局 救急救命課
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06-6846-8410
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ