このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

統括防火管理制度

更新日:2021年4月24日

統括防火管理とは

 複数の事業者やテナントが一つの防火対象物を使用している場合、管理権限者も複数存在することになります。このような場合、建物全体で協力して防火管理を行う体制が整っていなければ、万が一火災等の災害が発生した場合にも適切に対応することができません。
 そこで、建物全体の一体的な防火管理体制をつくり、防火管理の役割分担を明確にするため、それぞれの管理権原者が協議し、建物全体について防火(防災)管理業務を行う「統括防火管理者」を選任することが、消防法第8条の2で義務付けられています。

統括防火管理者が必要な防火対象物

(1)高さ31mを超える高層建築物
(2)特定防火対象物のうち、地階を除く階数が3以上で、かつ、収容人員が30人以上のもの
(3)消防法施行令別表第1(16)項ロの複合用途防火対象物のうち、地階を除く階数が5以上で、かつ収容
  人員が50人以上のもの
(4)地下街で消防長又は消防署長が指定するもの
(5)準地下街

統括防火管理者の責務

 統括防火管理者は、防火対象物の各防火管理者と協力して統率し、防火対象物全体の防火管理業務を推進する必要がありますので、各テナント等の防火管理者と連携・協力しながら以下のような役割を担います。
1 建物全体についての防火管理にかかる消防計画の作成
 統括防火管理者が作成する全体についての消防計画に定めるべき事項は、以下のとおりとなっています。
(1)管理について権限を有する者の当該権限の範囲に関すること。
(2)防火管理上必要な業務の一部委託をしている場合における、受託者の氏名及び住所、業務の範囲及び
  方法に関すること。
(3)全体についての消防計画に基づく消火、通報及び避難の訓練その他防火管理上必要な訓練の定期的な
  実施に関すること。
(4)廊下、階段、避難口、安全区画、防煙区画その他の避難施設の維持管理及びその案内に関すること。
(5)火災、地震等その他の災害が発生した場合における消火活動、通報連絡及び避難誘導に関すること。
(6)火災の際の消防隊に対する当該防火対象物の構造その他必要な情報の提供及び消防隊の誘導に関する
 こと。
(7)その他、防火対象物全体についての防火管理に関し必要な事項に関すること。
2 消火、通報及び避難訓練を実施すること
3 廊下、階段、非常口その他避難上必要な施設の維持管理を行うこと。
4 その他防火対象物の全体についての防火管理上必要な業務を行うこと。
5 必要に応じて管理権原者に支持を求め、誠実に職務を遂行すること。

統括防火管理者選任(解任)届出書

 統括防火管理者を選任(解任)した場合は、統括防火管理者選任(解任)届出書により消防署長への届出が必要です。(消防法第8条の2第4項)

お問合せ

消防局 予防課
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06-6846-8442
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ