このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

電池類の出し方

更新日:2018年12月14日

電池は大きく分けて、「使いきりの乾電池」と充電すれば繰り返し使える「充電式電池」があります。それぞれについて適切に処理をしないと発火・出火する可能性があり、大変危険です。電池を処分するときは、ルールを守って出しましょう。電池に含まれる有用な資源を活用することができます。

マンガン乾電池 、アルカリ乾電池

(1)不燃ごみの日に出す

使用済みのマンガン乾電池、アルカリ乾電池を処分するときは、4週間に1回の不燃ごみの日に出してください。
※ マンガン乾電池とアルカリ乾電池のみを対象としています。他の電池は入れないでください。
※ 処分する際は、金属類や電池同士で接触した際にショートして発火・出火することがあるため、セロハンテープやビニールテープなどで電極(+極、-極)をおおってください。

(2)水銀使用廃製品回収ボックスへ入れる

市内の公共施設等に回収ボックスを設置しています。

設置箇所の詳細は上記リンク先にてご確認ください。

ボタン電池

(1)電器店などに設置してあるボタン電池回収ボックスに入れる

使用済みのボタン電池は、電器店、時計店、カメラ店などに設置してあるボタン電池回収ボックスに入れてください。
ボタン電池には、一部、銀などの貴重な資源が含まれていますので、リサイクルに協力 してください。
※ リチウムコイン電池(型式記号CRおよびBR)については、水銀が含まれていないので電器店等の回収ボックスに入れずに、4週間に1回の不燃ごみの日に出してください。
※ 処分する際は、金属類や電池同士で接触した際にショートして発火・出火することがあるため、セロハンテープやビニールテープなどで電極(+極、-極)をおおってください。
※ ボタン電池のリサイクルBOX設置店などについては、下記リンク先をご覧ください。

(2)水銀使用廃製品回収ボックスへ入れる

市内の公共施設等に回収ボックスを設置しています。

設置箇所の詳細は上記リンク先にてご確認ください。

充電式電池(ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池など)

 ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池などの小型充電式電池は、法律で回収・リサイクルが義務づけられています。小型充電式電池には、リサイクルマークが付けられおり、このマークのついた電池を処分するときは、市内の公共施設等に設置してある回収ボックス、回収協力店などに設置してある「小型充電式電池リサイクルボックス」に入れてください。
リチウムイオン電池は衝撃が加わって破損などすると出火する恐れがありますので、セロハンテープやビニールテープなどで電極(+極、-極)をおおってください。
4週間に1回の不燃ごみの日に排出せず、必ず市内の公共施設等の回収ボックス、リサイクル協力店の回収BOXへお入れください。
※公共施設等の回収ボックス、小型充電式電池のリサイクルBOX設置店などについては、下記リンク先をご覧ください。
※電動アシスト自転車の使用済み小型充電式電池について、下記リンク先をご覧ください。

小型充電式電池回収協力店
電動アシスト自転車の使用済み小型充電式電池

設置箇所の詳細は上記リンク先にてご確認ください。

不燃ごみについては、下のリンク先をご覧ください。

お問合せ

環境部 家庭ごみ事業課
〒561-0891 豊中市走井2丁目5番5号
電話:06-6843-3512
ファクス:06-6857-2767

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ