このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

空き家を使ってほしい人へ

更新日:2019年3月26日

空き家を使ってほしい方へ

多様な空き家の利活用または住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅利用を望む空き家所有者は「空き家登録」制度にご登録ください。
地域活動の拠点、人々が集い憩う場など、様々な活動の場として、空き家が利活用されるよう、空き家所有者の条件・希望(家賃や使用ルール等)などに合う利活用希望者と引き合わせの機会づくりなどの支援をします。

登録いただける方

所有者本人(所有者以外の方が登録手続きを行う場合、所有者の同意が必要) ※ 所有者が複数いる場合は、必ず全員の同意を得てください。

登録条件

(1)住宅確保要配慮者の入居を拒まない住宅利用や多様な利活用希望する「豊中市内の空き家」
(2)住宅、寄宿舎等の用途で使用されていたもの ※ 店舗付き住宅や、空き家の一部の部屋を利活用する場合も対象となります。
 ※シェアハウス等を除き上記以外のみ利活用を希望するものは登録できません。

登録等の流れ

(1)初期相談 (電話・メール)

・豊中市住宅協会事務局ままで電話またはメールでご相談ください。多様な利活用のみを希望される場合は、下記連絡先までご相談ください。
・登録・利活用に関する相談の場合は「(2)直接面談」をしますので、日程調整などを行います。

(2)直接面談 (相談・登録) ※原則、空き家所在地での面談

・事業概要や登録内容、登録後の流れに関するご説明をします。
・事業主旨に賛同いただいた場合、【空き家登録】を行います。
 原則、空き家所在地で面談します。面談時には、空き家の写真撮影(外観・内観)、図面のコピー(または現地での間取り作成)をします。

(3)情報発信

・登録情報の一部をホームページに掲載し、利活用希望者に空き家の情報を発信します。

(4)引き合わせ

・登録済みの「利活用希望者」との条件・希望が概ね合致する場合、窓口から空き家所有者と利活用希望者が直接話し合う機会を設ける場合があります。
・住宅確保要配慮者の入居希望の場合は、豊中市居住支援協議会事務局が入居者などについて情報提供を行います。

【資料】「空き家登録」制度

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市計画推進部 住宅課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎5階
電話:06-6858-2741
ファクス:06-6854-9534

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ