このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年度愛犬参加型しつけ方入門を開催しました

更新日:2015年11月20日

プロのドッグトレーナーと連携して、犬のしつけの基本を学びたい方を対象とした教室を開催しました。
参加者の皆様には、飼い主さんと愛犬がいつも笑顔で楽しく快適に生活できるよう、しつけのポイントを学んでいただきました。
ドッグトレーナーの皆さんには、豊中市の適正飼養普及啓発事業の趣旨に賛同いただき、本教室にボランティアにてご協力いただきました。

教室の内容

日時

講義編 2014年11月8日(土曜) 

  • 飼い主さんのみ参加

実技編 2014年11月16日(日曜)

  • 愛犬と飼い主さんが一緒に参加            

場所 豊中市保健所

参加費 無料

参加できる飼い主さん

  • 豊中市内に住む飼い主さん
  • アイコンタクト・オスワリ・フセ・マテ・コイなど基本的なしつけにお悩みの飼い主さん
  • 他の犬や人に危害を及ぼさないよう愛犬を制御できる飼い主さん

参加できる愛犬

  • 生後6か月齢から1歳半前後で、豊中市に狂犬病予防法に基づく登録をし、実施日までの1年以内に狂犬病予防注射を受けている愛犬(1世帯1頭)
  • 実施日までの1年以内に3種以上の混合ワクチンを接種している愛犬

講義編の様子


講義の様子


ドッグトレーナーと愛犬ゴンちゃんによるデモンストレーション


ドッグトレーナーと愛犬リズムちゃんによるドッグダンスの披露もありました。

講義編では、犬を飼ううえでの飼い主の責務とマナー、そして犬のしつけについて、講義を行いました。その後、ドッグトレーナーによるデモンストレーションを実施しました。
ドッグトレーナーの素晴らしいデモンストレーションには参加者の皆様から拍手が起こりました。

実技編の様子


フセの練習


オスワリの練習


トレーナーからは家でもしつけを継続できるよう、アドバイスがありました。

実技編では、参加者が担当のトレーナーについてそれぞれの愛犬に合ったレッスンを行いました。
短い時間ではありましたが、担当トレーナーのアドバイスにより、どの犬も変化が見られました。
しつけは、繰り返すこと、継続することが大切です。参加者の皆様には、お家に帰っても引き続きしつけに取り組んでいただきたいと思います。

参加者の声(一部紹介)

  • 2回の楽しい時間をありがとうございました。
  • 大変参考になり、とてもよかったです。
  • すべて勉強になりました。トレーナーの方もすごく丁寧でわかりやすかったです。
  • 今後の接し方が参考になりました。
  • 今回、犬と一緒に参加させていただいて、本当に良かったと思います。ありがとうございました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

健康福祉部 保健所 衛生管理課
〒561-0881 豊中市中桜塚4丁目11番1号 豊中市保健所
電話:06-6152-7320
ファクス:06-6152-7328

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る