このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

都市計画税

更新日:2013年3月25日

都市計画税とは

 都市計画税は、都市計画事業や土地区画整理事業の財源に充てられる目的税で、その事業による利益を受け得る区域内にある土地および家屋に対して課税されます。(償却資産には課税されません。)
 税額は、固定資産税同様の過程により算定した課税標準額に、税率(100分の0.3)を乗じて得た額です。固定資産税の課税標準額が免税点未満(土地:30万円、家屋:20万円、償却資産:150万円)の場合は、都市計画税も課税されません。
 都市計画税についても、住宅用の土地には税が軽減される制度があります。しかし、新築住宅への減額制度はありません。

 なお、都市計画税が課税される場合は、地方税法第702条の8(外部サイト)の規定により固定資産税とあわせて納めていただきます。

住宅用地の都市計画税の特例について

 都市計画税には、固定資産税と同様に住宅用地に対する課税標準額の特例があります。特例率は、小規模住宅用地については3分の1、一般住宅用地については3分の2です。

宅地等の都市計画税の税負担の調整措置

 宅地等の土地については、固定資産税と同様に、負担水準に応じてなだらかな負担調整措置をとります。詳細は、固定資産税(土地)のページをご覧ください。

お問合せ

財務部 固定資産税課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎2階
電話:06-6858-2150
ファクス:06-6842-2797

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ