このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年度(2020年度)豊中市家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置補助金のご案内

更新日:2020年7月8日

令和2年度(2020年度)豊中市家庭用燃料電池システム(エネファーム)設置補助は令和2年度(2020年度)7月7日(火曜)をもって受付終了しました。

申込受付を終了しました

家庭用燃料電池システム(エネファーム)の設置費用を補助します

豊中市では、「第2次豊中市地球温暖化防止地域計画(チャレンジマイナス70プラン)」で掲げる目標「市民1人あたり温室効果ガス排出量を、1990年度比で2050年度までに70%削減」に向けて、温室効果ガス削減効果の高い給湯対策に取り組むため、家庭用燃料電池システム(エネファーム)の設置費用を補助します。

補助の対象となる方

以下の要件のすべてに該当する方が対象となります。
・自らが居住、または居住する予定の市内の住宅(店舗等の併用住宅を含む)に設備を設置する方。
(別荘・倉庫などの通常居住に使われていない建物は補助の対象外となります。)
・令和3年(2021年)2月26日(金曜)までに補助金交付申込兼実績報告書を提出することができること。
・令和3年(2021年)3月31日(水曜)までに交付請求書を提出することができること。
・これまでにこの補助金制度において、同一設備にかかる補助金の交付を本人または同一世帯の方が受けていないこと。
・「豊中市ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)普及促進補助金」の交付申込をしていないこと。

補助の対象となる工事

・国が実施する民生用燃料電池導入支援に係る補助事業の対象システムであること。
※対象システム一覧はこちら(外部サイト)からご確認ください。
・対象設備の工事完了日が、令和2年(2020年)4月1日(水曜)から令和3年(2021年)2月26日(金曜)の期間内であるもの。
※工事完了日は、家庭燃料電池ユニットの設置がすべて完了し、竣工検査が終了した日。

補助の対象となる経費

家庭用燃料電池システム(エネファーム)の本体及び付属機器購入費のみ(消費税及び地方消費税額は除く)。
※燃料電池ユニット、貯湯ユニット、付属品などの機器費。詳細はこちら(外部サイト)をご覧ください。
※設置工事費用は補助の対象外となります。

補助額(予算570万円)

補助対象経費の10分の1に相当する額(上限6万円)。
※千円未満の端数があるときは切り捨てます。

申込期間(予算額に達したため補助金の受付は終了しました)

令和2年(2020年)5月18日(月曜)から令和3年(2021年)2月26日(金曜)まで
※必要書類が揃ったものから先着順に受付します。(配達記録受付時間)
※配達記録受付日が令和2年(2020年)5月18日(月曜)以降のものに限りますので、注意してください。
※申請期間内であっても、補助金の予算額に達し次第受付を終了します。

制度のご案内(申込の際に必ずお読みください)

要綱

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部 環境政策課 環境企画係
〒561-8501
豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2106
ファクス:06-6842-2802

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ