このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和4年4月1日から石綿含有建材の調査結果を都道府県等に報告する必要があります(大気汚染防止法の改正について)

ページ番号:772900814

更新日:2021年9月10日

大気汚染防止法が改正され、 アスベスト工事のルールが変わりました。

改正内容

令和4年4月1日から、建築物等の解体等を行う前に実施する石綿含有建材の調査結果を都道府県等に報告する必要があります。

事前調査結果の報告は原則として、石綿事前調査結果報告システムにおいて行います。

(参考・法の主な改正事項)

※豊中市では平成30年7月1日より、豊中市内で対象となる解体等工事を行う場合、
元請業者・自主施工業者が特定建築材料の使用の有無等の事前調査を豊中市に届け出るよう義務付けています。
上記の報告制度の施行後は当該制度に基づき報告する必要があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

環境部 環境政策課 環境保全係
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2105
ファクス:06-6842-2802

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで