このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

シェアサイクル実証実験について

ページ番号:138884543

更新日:2021年12月2日

目的

 シェアサイクルは、都市内に複数のポート(自転車の貸し出し・返却場所)を配置し、いつでもどのポートでも自転車の貸し出し・返却が可能な、短時間・短距離の移動を目的とした新しい都市交通システムです。加えて、まちの活性化及び健康増進等の効果が期待され、豊中市では、公共交通網の弱い市域中南部において、南北の鉄道路線から東西への移動を補強する役割が期待できます。
 このため、シェアサイクルの本格導入を見据え、その有効性及び課題を明らかにすることを目的に実証実験を実施しています。

実験概要

実施エリア:市全域
ポート  :道路、公園、公共施設及び民間施設等を活用し、78箇所配置(令和3年12月増設含む)
自転車  :電動自転車 市内合計約265台
利用方法 :スマートフォン等を利用し、ポート位置・空き情報確認、予約、解錠、返却及び支払いを行う
料金   :70円/15分、1,000円/12時間
実験期間 :令和元年11月1日~令和4年10月31日

市全域に実証実験エリアを拡大しました(令和3年11月12日)

 令和2年9月に実施したアンケート調査において半数以上の人が市域北部へのエリア拡充を要望していることなどから、市域中南部で行っているシェアサイクル実証実験を、令和3年11月12日に大阪空港、エトレ豊中、千里体育館など市域北部にポートを増設し、市全域に実証実験エリアを拡大しました。
 増設したポートは、ポート配置図およびポート一覧表をご覧ください。

実施体制

実験実施主体   :豊中市
運営事業者    :OpenStreet株式会社
シェアサイクル名称:HELLO CYCLING

サイクルポート

URシャレール東豊中などポートを3箇所増設しました(令和3年12月2日)

利用方法

 ご利用には、スマートフォンアプリ「HELLO CYCLING」のダウンロードが必要です。下記QRコード参照もしくは「HELLO CYCLING」のホームページをご覧ください。
 サイクルポートの場所なども、アプリからご確認いただけます。

ハローサイクリングアプリQRコード
 

シェアサイクルの使い方画像

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市基盤部 交通政策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第二庁舎4階
電話:06-6858-2345
ファクス:06-6854-0492

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで