このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

事業の報告など(平成26年度)

ページ番号:286204191

更新日:2019年3月8日

大阪国際空港に関連した事業など 

豊中市ホームページでお知らせしました、大阪国際空港に関連した事業についてまとめました。

アンテナショップいずも&大阪国際空港物産展(平成27年(2015年)3月7日(土曜)、8日(日曜))

大阪国際空港に就航する都市のうち、島根県出雲市、島根県隠岐の島町、福島県須賀川市、兵庫県豊岡市、高知県南国市、鹿児島県奄美市が参加した物産展を、島根県出雲市と共催で、せんちゅうパル南広場(新千里東町)で開催しました。マスコットキャラクター大集合や、就航都市のPRステージ、航空会社(ANA、JAL)による制服体験撮影会など、たくさんの催しでにぎわいました。

空港就航都市・豊岡市の料理講座を開催(平成27年(2015年)2月26日(木曜))

 食をとおして大阪国際空港の就航都市の文化に触れていただこうと、蛍池公民館で料理講座を開催しました。(神鍋高原の食材・鹿肉や十戸ニジマスなどを使った料理)
 調理実習後は、講師の神鍋ハートフル食プロジェクト委員長・北村さんから神鍋高原の紹介がありました。参加者からは「鹿肉はクセがあると思っていたが、さっぱりしていておいしい。」「神鍋高原へ行ってみたい。」などの感想が聞かれました。

クリスマス市民コンサート(平成26年(2014年)12月13日(土曜))

大阪国際空港内「ラ・ソーラ テラス」にてクリスマス市民コンサートを開催しました(主催/大阪国際空港周辺地域活性化連絡会ほか)。空港周辺地域で活動する音楽団体によるオペラ、コーラス、ギター演奏や航空会社職員によるハンドベル演奏など、心温まるコンサートになりました。
豊中市からはオペラ歌手の江口輝博さん(写真)が出演。美しく力強い歌声で会場を包みました。

豊中市農業祭に就航都市が出店(平成26年(2014年)11月22日(土曜))

豊島公園で開催された豊中市農業祭に2つの就航都市が出店。島根県益田市は柿やわさび、すだちなどを、福島県須賀川市はリンゴやきゅうり、生椎茸などをそれぞれ販売しました。当日は好天に恵まれ、たくさんの市民が来場。両市のブースも多くの人で賑わいました。

「とよなか産業フェア」で大阪国際空港を紹介(平成26年(2014年)11月15日(土曜))

千里文化センター「コラボ」で開催した「とよなか産業フェア」で、大阪国際空港を紹介するコーナーを設けました。今回は、約90社が事務所や支店などを構えている空港の事業所集積地としての側面を紹介。来場者は興味深げに見ていました。

大阪国際空港就航都市PRパネル展in大阪国際空港(平成26年(2014年)10月1日(水曜)から30日(木曜))

大阪国際空港催事スペース(南北ターミナル)において、大阪国際空港就航都市を紹介したパネル展を開催しました。これまで市役所第二庁舎ロビーで開催していましたが、今回初めて空港での開催。団体客が多い土日には、就航地パンフレットがすぐになくなり、旅行への関心が高いことが伺えました。

空の日エアポートフェスティバル(平成26年(2014年)9月28日(日曜))

主な会場であるターミナルビル4階展望デッキ「ラ・ソーラ」をはじめ、第2フィンガー屋上、格納庫等たくさんの人でにぎわいを見せました。大阪国際空港75周年イベントとして第2フィンガーでは参加者で作る人文字「ITM75」が開催されました。その他、航空教室やこども制服撮影会など航空関連の催しが満載でした。来場者は約3万人でした。

空港友好都市・出雲市の料理講座を開催(平成26年(2014年)9月25日(木曜))

食をとおして大阪国際空港の就航都市の文化に触れていただこうと、蛍池公民館で料理講座を開催しました。(幻の生姜と呼ばれる出西(しゅっさい)生姜を使った料理)
試食後は、お茶とお菓子や漬物などをいただきながら講師や参加者同士で世間話をし、お互いを気遣う優しい出雲の雰囲気を感じました。(このような休憩の仕方を、出雲では「たばこする」と言います。)

関空でのイベントに大阪国際空港周辺市のキャラクターが出演(平成26年(2014年)9月6日(土曜))

 この日、関西国際空港で行われた地元13自治体の特産品などを紹介する「関空・泉州グルメフェスタ」に、今年初めて大阪国際空港周辺市のマスコットキャラクターがゲスト出演しました。
 泉州地域の人や利用者に大阪国際空港の地元を紹介。今後も両空港の地元同士で協力し、大阪を盛り上げていこうとアピールしました。

大阪国際空港周辺地域活性化連絡会親子見学ツアーを実施(平成26年(2014年)8月18日(月曜)から8月22日(金曜)) 

小学3~6年生の子どもと保護者を対象に、貸切バスで空港周辺を巡る親子見学ツアー(事前応募制)を実施しました。
<見学先:ANA機体整備工場、ふれあい緑地(豊中市服部)>
 ANA機体整備工場では整備士さんから航空機の説明を受けたり、働く姿や整備中の航空機を見学しました。ふれあい緑地では、自然体験学習として、虫を観察したり、とよなか四季菜園の散策を楽しみました。

豊中まつり2014に就航都市が出店(平成26年(2014年)8月2日(土曜)から3日(日曜))

豊中まつりに就航都市の鹿児島県和泊町、大分県国東市、島根県隠岐の島町、福島県須賀川市が出店。海産物や野菜などを販売しました。2日間あいにくの雨でしたが、多くの人が訪れ新鮮な地元の幸を買い求めていました。

15回「ラ・ソーラ」小学生写生大会(平成26年(2014年)7月23日(水曜)から25日(金曜)) 

空港や飛行機、空港で働く人々などをテーマにした小学生写生大会が、屋上展望デッキ「ラ・ソーラ」で開催されました。応募作品742点のうち優秀作品(優秀賞・佳作)25作品を含む60作品が、空港内に展示されます。

展示期間:平成26年8月1日(金曜)から18日(月曜)
展示場所:大阪国際空港 中央3階ギャラリー

さくらんぼ種飛ばし豊中グランプリ(平成26年(2014年)6月29日(日曜))

 大阪国際空港の就航先である山形県東根市の特産品・さくらんぼ「佐藤錦」を使ったイベントが、せんちゅうパル南広場(新千里東町)で開催され、500人の参加者が種飛ばしにチャレンジしました。最高記録は一般の部:15.11メートル、レディースの部:10.21メートル、子どもの部:7.82メートルでした。※東根市・・・さくらんぼの王様「佐藤錦」発祥の地で、さくらんぼ生産量日本一です。

大阪国際空港就航都市PRパネル展(平成26年(2014年)6月23日(月曜)から27日(金曜))

 市役所第二庁舎1階ロビーにて、大阪国際空港就航都市を紹介したパネル展を開催しました。 次にどこへ行こうか旅行の計画を立てている方、自分のふるさとのパネルを見つめる方、大阪国際空港の航空写真を見ながら自分の家を探す方など、それぞれ思い思いにパネルをご覧いただきました。「全国各地のパンフレットが手に入る貴重な機会」「こんなにたくさん就航しているとは知らなかった」「全国の行っていないところをめぐりたくなった」などの感想がありました。

空楽フェスタ2014(平成26年(2014年)5月24日(土曜))

 折り紙ヒコーキ教室、親子でなりきり撮影会(CA・パイロット風の制服を着て記念撮影)などの航空関連イベントのほか、展望デッキでは大阪国際空港のマスコットキャラクター「そらやん」の初お披露目会や物販が行われました。また豊中市キャラクター「マチカネくん」ほか着ぐるみ5体が出演し、会場を盛り上げました。来場者数は10,270人でした。

お問合せ

都市活力部 空港課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2096
ファクス:06-4865-2058

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで