このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

環境対策

 大阪国際空港と周辺地域において、航空機騒音などによる被害の軽減や緩和を目的として、さまざまな環境対策や安全対策を行っています。
 豊中市では、空港管理者である関西エアポート株式会社をはじめ、国や大阪府などと連携を図りながら、空港周辺の騒音対策区域における環境対策を行っています。

空港周辺対策

 航空機エンジンの改良や低騒音機材の採用などの機材改良、運航方法の改善などの「発生源対策」、騒音対策区域内の公共施設や住宅の防音工事などにより、航空機騒音などの被害の軽減や緩和を図る「周辺対策」を行っています。

主な発生源対策

  • 機材改良
  • 運航方法の改善
  • 便数調整

主な周辺対策

共同利用施設

 共同利用施設は、航空機騒音で日常生活を阻害されている地域の方が、集会・休養・学習・保育などを目的として利用できる施設です。
 ご利用の際は、直接各施設へお申込みください。
 詳しくはリンク先へご参照ください。
 なお、災害時などには一時避難所として利用される施設もあります。

 「共同利用施設」についてはこちら

空港周辺整備

大阪国際空港周辺緑地事業

 空港周辺地域の航空機の騒音や排ガスの緩和などを目的に、緩衝緑地のほか、スポーツやレクリエーションに利用できる緑地(利用緑地「ふれあい緑地」)を整備し、適切に維持管理を行うとともに、緩衝緑地の利活用を進めています。

大阪国際空港周辺地区整備事業

 国・大阪府・大阪国際空港周辺整備機構・豊中市により、大阪府・兵庫県により昭和49年に策定された「大阪国際空港周辺整備計画」の実施計画として「大阪国際空港周辺地区整備計画(案)」を策定しました。同計画(案)に基づき、移転補償跡地を有効活用しながら緑地・公園・防火水槽・細街路などの施設整備を進めてきましたが、この間の社会情勢の変化や法制度の変更、航空機騒音の状況変化などがあることから、同計画(案)の見直しを進めています。

地域再生計画

 豊中市では、大阪国際空港周辺地域に点在する移転補償事業による移転跡地の有効活用を進めるため、内閣総理大臣の認定を受けた地域再生計画(大阪国際空港周辺地域における移転跡地の有効活用による「まちづくり」と「産業再生」計画)を策定し、取り組みを進めています。

お問合せ

※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

都市活力部 空港課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2111
ファクス:06-4865-2058

このページの作成担当にメールを送る

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで