このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

豊能地区の事例から学ぶみんなで取り組む協働のまちづくり

更新日:2015年1月26日

NPO×自治会×企業×行政=まちの元気!豊能地区の事例から学ぶみんなで取り組む協働のまちづくり

地域課題解決や、新しい地域価値創造のために多様な担い手が持ち味を生かしながら、対等な立場で持続的に協働する可能性について考えます。

スケジュール

第1部 協働事例報告

  1. 千里ニュータウン地域情報の「蓄積・編集・発信」システム開発事業~ディスカバー千里~(豊中市)
    千里グッズの会 太田博一さん、豊中市千里地域連携センター センター長補佐 森脇典子さん
  2. 共に、補い、取り組む、「いのち輝き 響き合うくらしのそばの森づくり まちづくり」(池田市)
    五月山グリーンエコー 代表 中川勝弘さん
  3. 地域通貨で切り拓くこどもの未来の可能性(箕面市)
    (特活)暮らしづくりネットワーク北芝 職員 松村幸裕子さん
  4. 里山景観と地域資源を活かした、花折街道沿道の魅力向上事業
    吉川自治会長 向井勝さん、なでしこグループ、大阪府池田土木事務所(アドバイザー)

第2部 グループワーク

協働事例報告を踏まえつつ、地域の課題を解決したり新しい価値を創造するような持続的な活動や、それを支える仕組みづくりなど、行政とNPOと地域の協働の可能性について考えます。

内容

日時

平成27年(2015年)2月13日(金曜)午後1時30分から4時まで

場所

みのお市民活動センター多目的室(箕面市坊島4丁目5番20号みのおキューズモールWEST1-2階)

対象

豊能ブロック(池田市、豊中市、箕面市、能勢町、豊能町)各市町の職員、NPO関係者、その他参加を希望される方

定員

50人(先着順)

コーディネーター

稲場圭信さん(大阪大学大学院人間科学研究科准教授、箕面市NPO促進委員会委員)

申込み方法

2月9日(月曜)までに申込書に必要事項を記入のうえ、電話、ファクス、郵送、持参にて豊中市市民協働部コミュニティ政策室(豊中市中桜塚3丁目1番1号 第一庁舎5階 電話:06-6858-2041 ファクス:06-4865-2058)へ

保育

1歳6カ月から就学前対象(2月4日締切)

主催

豊中市・池田市・箕面市・豊能町・能勢町・とよなか市民公益活動協議体らっぷ・池田市公益活動促進協議会・NPO法人市民活動フォーラムみのお

この事業について

大阪府では、平成19年度(2007年度)から、大阪府内7地区で、市町村NPO担当課のネットワークづくりを進めています。豊能地区(豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町)では、NPOを支援する中間支援組織も加わり、市民活動の現状や自治体の市民活動支援策などについて情報交換や合同研修を行っています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

市民協働部 コミュニティ政策課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2041
ファクス:06-6846-6003

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ