このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

先端設備等導入計画の変更について

更新日:2018年8月16日

概要

認定を受けた先端設備等導入計画を変更しようとするときは、市から変更認定を受ける必要があります。
なお、設備の取得金額・資金調達額の若干の変更、法人の代表者の変更等、認定を受けた先端設備等導入計画の趣旨を変えないような軽微な変更は、変更認定不要です。
判断に迷う場合は、産業振興課(電話:06-6858-2187)まで、お問い合わせください。

変更の申込みについて

〈申込方法について〉
 下記の必要書類を窓口(産業振興課)にお持ちください。
(注)提出していただいた書類に不備等がない場合、概ね2週間程度で変更認定書を発行します。
(注)提出者が申込者と異なる場合は、委任状が必要になります。

〈変更認定書のお渡し方法について〉
 原則として変更認定書は、窓口(産業振興課)でお渡しします。
 変更認定書の郵送を希望される場合は、申込時に返信用封筒を併せて提出してください。

必要書類

〈申込時に必要な書類〉
・先端設備等導入計画の変更に係る認定申請書(原本)
・変更後の先端設備等導入計画(原本)(※1)
・旧先端設備等導入計画(写し)
・〈計画変更用〉先端設備等導入計画事前確認シート(原本)
・先端設備等導入計画に関する確認書(原本)(労働生産性に影響を与える場合)
・工業会証明書(写し)(追加で固定資産税の特例を利用する場合)(※2)
・変更後の先端設備等に係る誓約書(原本)(追加で固定資産税の特例を利用する場合)(※3)
・委任状(原本)(申請者と提出者が異なる場合のみ)
・返信用封筒(認定書の郵送を希望する場合のみ)(※4)
(※1)認定を受けた先端設備等導入計画を修正する形で作成してください。また、先端設備等導入計画に係る事業の実施状況を記載してください。なお、変更・追記部分については、わかりやすいように下線を引いてください。
(※2)(※3)証明書が間に合わない場合、計画認定後の追加提出可。
(※3)本市からの変更認定書(A4サイズ1枚)及び認定申請書(先端設備等導入計画含む)の写しを送付するために使用します。
 ・送信記録を確認できるため、返信用封筒はレターパック及びレターパックライトの使用を推奨します。
 ・宛名は申請書の住所、氏名を記載してください(第三者宛の場合は封筒の再送を依頼する場合があります)。
 ・レターパック以外での返信を希望される場合は、返信用封筒に切手(申請書類と同程度の重量物を送付可能な金額)を貼付してください。

留意点

・提出していただいた書類に不備等がない場合、概ね2週間程度で変更認定書を発行します。
・提出していただく書類の日付は提出日を記入してください。
・計画認定後、先端設備等導入計画の進捗状況等を把握するための調査の実施を予定しています。
・先端設備等導入計画の認定要件と固定資産税の特例措置を受けることができる要件は異なりますので、ご留意ください。

先端設備等導入計画について

お問合せ

都市活力部 産業振興課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2187
ファクス:06-4865-2058

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ