このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

市有施設の使用料について

ページ番号:101960347

更新日:2019年3月31日

公の施設の使用料に関する指針について

豊中市では、平成24年度(2012年度)に公の施設の使用料に関する指針を策定し、施設の使用料の算定方法や受益者負担の考え方等をまとめ、指針に基づき一部の施設で使用料の見直しを行ってきました。
一方で、多くの施設の老朽化が進む中、将来的な更新・改修経費の増大に対応しながらも効率的かつ質の高いサービスを提供していくため、平成28年度(2016年度)に公共施設等総合管理計画を策定し、全市的な公共施設マネジメントの取り組みを進めています。計画では施設の機能に着目した施設再編を進めるほか、施設の利用促進に努めること等が定められています。
このような状況を踏まえ、今後の施設再編に対応し得る使用料設定の考え方や、使用料改定の際の周知や経過措置などの内容を定め、より透明性高く均衡のとれた料金体系を構築するため、広く庁内外から意見を取り入れ、平成30年(2018年)3月に指針を改定しました。

使用料の見直しについて

自治体を取り巻く社会経済状況は刻々と変化するため、原則として4年ごとに現行使用料について評価・検証を行い、必要に応じ見直しを行うこととます。

次回見直し予定時期:平成31年度(2019年度)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市経営部 創造改革課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2745
ファクス:06-6858-4111

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで