このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中魅力発信サイト:あなたと、ともに、とよなか
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • 豊中市トップへ
  • 豊中ブランド
  • とよなかのイチオシ
  • とよなかで輝く
  • マチカネくん
  • 引越しからはじまる「Re Life」
サイトメニューここまで

本文ここから

市制施行85周年記念 とよなかクリエイティブ・ガーデン

ページ番号:614061285

更新日:2022年1月28日

憧れのモダン都市とよなかー文化芸術創造都市の源流をたどってー

市制施行85周年を記念する企画展示、ともに開催する演奏会やレクチャー、まち歩きを通して豊中の魅力の源泉をご一緒に見つけましょう。

お知らせ

「須藤五郎×三浦環-ふたりの物語ー」は延期となりました。再開の日程は改めて本ページ上で掲示いたします。
その他の催事は現在のところ開催予定です。

日 程 催 事 名 ファシリテーター・演奏者等 内 容 詳 細 会 場 お申込み 備 考
2022年
2月23日(水曜・祝)
須藤五郎×三浦環
ーふたりの物語ー
※延期になりました
ソプラノ:内藤里美
バリトン:福嶋勲
テノール・語り:橋本恵史
ピアノ:北野友梨
演奏会 ■詳細チラシ・本表下の掲示をご覧ください 豊中泉キリスト教会(螢池中町1-8-1) - 再開の日程は後日改めて掲示
2022年
2月26日(土曜)
モダン豊中見聞そぞろ歩き
ーガーデン・シティの面影をさがしてー
武庫川女子大学
生活環境学部 准教授
三宅 正弘
レクチャー・まち歩き ■詳細チラシ・本表下の掲示をご覧ください とよなか国際交流センター・豊中駅界隈 ハガキ・
電子申込
~2/8(火曜)〆※抽選あり
 
2022年
3月5日(土曜)~3月13日(日曜)
憧れのモダン都市とよなか
ー文化芸術創造都市の源流をたどってー
  展示 ■詳細チラシ・本表下の掲示をご覧ください 原田しろあと館「旧羽室家住宅」(曽根西町4-4-15) 事前申込
不要
 
2022年
3月12日(土曜)
音楽とレクチャーの散歩道
ー魯山人にしのぶ田園郊外と音楽風景ー
ヴァイオリン:道橋倫子
ヴァイオリン:野呂小百合
ピアノ:小塩真愛
演奏会
レクチャー
まち歩き
■詳細チラシ・本表下の掲示をご覧ください 絃の間Son de sone (曽根東町1-5-13)・曽根駅界隈 電話・電子申込
~3/4(金曜)〆※抽選あり
 

2022年2月23日(水曜・祝)須藤五郎×三浦環ーふたりのものがたり

豊中市歌(昭和22年発表)の作曲者であり、宝塚歌劇団で活躍した気鋭の音楽家・須藤五郎(明治30年~昭和63年)と彼の珠玉作を愛踊した絶世のプリマドンナ・三浦環(明治17年~昭和21年)。ふたりの音楽物語を名曲でつづる演奏会。
※延期になりました
日時:令和4年(2022年)2月23日(水曜・祝)14:00~15:10
場所:豊中泉キリスト教会(蛍池中町1-8-1)
内容:演奏会
定員:40名
プログラム
●須藤五郎「しぐれに寄する抒情」(詩:佐藤春夫。三浦環の愛踊歌)「豊中市歌」(辰己利治作詞・当間修一令和版編曲)「佇立」(詩:北原白秋)
●プッチーニ「ある晴れた日に」(歌劇『蝶々夫人』より)
●マスカーニ「アヴェ・マリア」(歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より)ほか 
全10曲程度を予定しております

演奏者:内藤里美(ソプラノ)・福嶋勲(バリトン)・橋本恵史(テノール・語り)・北野友梨(ピアノ)

※抽選あり

2022年2月26日(土曜)モダン豊中見聞そぞろ歩きーガーデン・シティの面影をさがしてー

田園都市の理想との関わりながら発展した郊外住宅地についてのレクチャーやまちなみ眺望に続いて、講師とともに豊中駅界隈を巡ります。大正時代初期から形づくられた旧豊中住宅地(玉井町)・大正後期の旧新屋敷住宅地(末広町・立花町)の見どころをご案内します。

日時:令和4年(2022年)2月26日(土曜)13:30~15:40
場所:とよなか国際交流センター(玉井町1-1-1-601)・豊中駅界隈
内容:レクチャー・まち歩き
定員:15名
講師:武庫川女子大学生活環境学部・准教授 三宅正弘
お申込方法
●ハガキ 
宛先:〒561-8501
豊中市中桜塚3-1-1 豊中市魅力文化創造課
必要事項:催事名称・代表者の郵便番号、住所、名前・参加者全員の名前、フリガナ、年齢、電話番号
申込締切:令和4年(2022年)2月8日(火曜)必着
※1申込2名までご応募可能です。
※抽選あり

2022年3月5日(土曜)~3月13日(日曜)憧れのモダン都市とよなかー文化芸術創造都市の源流をたどってー

田園都市の理想が謳われ、都市の利便性と風光に恵まれた健康地の環境を併せ持つ郊外住宅地として憧憬された豊中市。明治末期から大正、昭和初期にかけての進展に豊穣な文化的土壌が醸成され、現代に通じるモダンなライフスタイルが根付いていきました。
本市域を南北に縦貫する阪急電鉄(当時の箕面有馬電気軌道)宝塚線は明治43年(1910年)に開通しました。この沿線にあって、大正後期から昭和初期にかけて我が国最大の経済規模と文化的成熟を備えた「大大阪(だいおおさか)」と、大正3年(1914年)に歌劇が初舞台の幕開けを迎えた宝塚との中間に豊中市域は位置します。この時代には、西方に臨まれる六甲山麓から豊中台地にまで及ぶ阪神間モダニズムが馥郁(ふくいく)と香り立ち、東京をも凌ぐ勢いの大大阪や阪神間モダニズムの滋味もが豊溢する田園郊外の揺籃に豊中市は育まれました。
こうした生い立ちを通じてかたちづくられた豊かな文化的特性のもとに、良好な住宅都市、教育文化都市としての歩みを重ね、近年には文化芸術創造都市を標榜し得るまでになりました。
一世紀あまり遡って豊中市の都市魅力の源流をたどり、その面立ちを浮き彫りにするにあたり、本展のほか、演奏会、まちの探索などを多面的に展開します。
※北摂アーカイブスパネル展も同時開催。

日時:令和4年(2022年)3月5日(土曜)~13日(日曜)10:00~16:00(入館は15:30まで)

場所:原田しろあと館「旧羽室家住宅」(曽根西町4-4-15)

内容:企画展示

定員:なし※感染症対策により、入場制限を行うことがあります。

申込:不要

2022年3月12日(土曜)音楽とレクチャーの散歩道ー魯山人にしのぶ田園郊外と音楽風景ー

昭和10年の秋、曽根駅前に稀代の芸術家・北大路魯山人のプロデュースによる大阪星岡茶寮が設けられました。現在は市立文化芸術センターが建つ芦田ヶ池越しに大大阪(だいおおさか)を見晴るかすこの日本一の料亭近傍では、SPレコードのクラシックの鑑賞に文化人らが集いました。往時の音楽シーンに想いを馳せるひとときの後、星岡茶寮の遺構や昭和初期の郊外住宅地(曽根東町・曽根西町)を巡り、企画展示会場(原田しろあと館)へ。

日時:令和4年(2022年)3月12日(土曜)13:00~14:40
場所:絃の間 Son de Sone (曽根東町1-5-13)・曽根駅界隈
内容:演奏会・レクチャー・まち歩き
定員:20名
演奏者:道橋倫子(ヴァイオリン)・野呂小百合(ヴァイオリン)・小塩真愛(ピアノ)
お申込方法
●電話
電話番号:06-6858-2876(豊中市 魅力文化創造課)※平日9:00~17:00
申込締切:令和4年(2022年)3月4日(金曜)
必要事項:代表者の郵便番号、住所、名前・参加者全員の名前、年齢、電話番号
※1申込2名までご応募可能です。
※抽選あり

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問合せ

都市活力部 魅力文化創造課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎5階
電話:06-6858-2494
ファクス:06-6858-3864

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

とよなかで輝く

サブナビゲーションここまで

このページの上へ戻る
以下フッターです。
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る