このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中魅力発信サイト:あなたと、ともに、とよなか
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • サイトマップ
  • 豊中市トップへ
  • 豊中ブランド
  • とよなかのイチオシ
  • とよなかで輝く
  • マチカネくん
  • 引越しからはじまる「Re Life」
サイトメニューここまで

本文ここから

とよなかクリエイティブ・ガーデン アートを味わう黄昏の茶席 -美術と綺麗さびの心に触れる夜会-

ページ番号:867380423

更新日:2022年12月26日

アートを味わう黄昏の茶席 -美術と綺麗さびの心に触れる夜会-

※本催事は終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

日時:2022年12月25日(日曜)16時00分~18時00分
対象・定員:13歳以上・20人
(参加申込は2人以内)
費用:茶菓代1人500円
申込締切:12月6日(火曜)必着
会場:貯月庵
(平井家茶室/本町5-5-21/駐車スペースはありません)

田園都市(ガーデン・シティ)の理想のもとに明治末期から阪急沿線に育まれた郊外住宅地にモダンな新味が醸されながら、趣ある伝統文化とのハーモニーがまちを彩りました。豊中の文化的土壌にもゆかり深い近世大坂の美術と近代に愛好が高まる茶の湯に温故知新の味わいもひときわです。

◇オープニングトーク「往時の豊中に(しの)ぶ生活文化」:豊中市職員
◆対話型美術鑑賞:関西大学名誉教授 中谷 伸生 
  木村 蒹葭堂(けんかどう)《山水図》
  耳鳥齋(にちょうさい)《福寿図》
◆黄昏の茶席:遠州流茶道師範 平井宗満

遠州流茶道は、江戸時代初期の大名茶人で総合芸術家として著名な小堀遠州を流祖とする大名茶道。遠州流の真髄は、「綺麗さび」と称される「わび・さび」の精神に、美しさ、明るさ、豊かさを加えた客観性の美、調和の美を創り上げたことにある。遠州流茶道師範の平井宗満(本催事)・平井宗健(『歌とピアノの子ども茶会(2月25日)』)は、遠州流家元師範代平井宗郁に茶道の手ほどきを受ける。

参加のご案内 電子申請またはハガキでお申し込みください

お問合せ

都市活力部 魅力文化創造課
〒561-8501 豊中市中桜塚3-1-1
電話:06-6858-2876

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

とよなかで輝く

サブナビゲーションここまで

このページの上へ戻る
以下フッターです。
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る