このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

令和2年度予算と名誉市民・松本孝弘さんへの思い(令和2年2月27日)

ページ番号:467773531

更新日:2020年2月27日

 昨日、初日を迎えた3月市議会定例会で令和2年度の市政運営に関する所信を申し上げるとともに、予算案を提出しました。私がこの予算案に込めた思いはたくさんありますが、その中でも特に大事にしたことは子どもたちが心身ともに健やかに育つことができる街であり続けることです。子どもたちを取り巻く環境は常に変化しており、時代に応じて行政も変わる必要があります。私は子どもたちの未来のため、先生がより一人一人に向かい合うことができる市立小学校の35人学級編成の推進をはじめとした、学びの環境を充実させるとともに、いじめ児童虐待を絶対に許さない街の実現のため、これまで以上の相談支援体制を速やかに確立させます!
 推計人口が四半世紀ぶりに40万人を超えた「住みたいまち」豊中。令和2年度も市民の皆さんの生活がもっと良くなる施策を実行し、「住み続けたいまち」豊中を創っていきます。

 そして昨日の議会では大変うれしいことがありました。議決を経て、豊中出身のギタリスト・松本孝弘さんが本市で3人目の名誉市民に選定されました!
 これまで松本孝弘さんには、成人式で新成人の皆さんへのメッセージや広報誌へのエッセーの寄稿、文化芸術振興基金への寄付など、豊中市に多大な貢献をしていただいておりました。今回の名誉市民の称号は、その素晴らしいキャリアを称えるとともに、市民の皆さんを代表して感謝を込めてお贈りさせていただいたものです。
 所属するB’zによる凱旋ライブも文化芸術センターで開催されるなど豊中とのゆかりも深い松本孝弘さん。私も豊中市民として誇りに思います!

お問合せ

都市経営部 秘書課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2010
ファクス:06-6858-4111

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで