このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

児童発達支援センター  豊中市立あゆみ学園

更新日:2018年8月6日

所在地:560-0054 豊中市桜の町3丁目12番10 号
電話:06-6841-1551
ファクス:06-6841-9467

施設の概要

開設年月日

昭和40年(1965年)9月

職員構成

園長・看護師・児童指導員・保育士・臨床心理士・作業療法士・技能員・運転手・事務員

施設構成

ご利用の案内

開館日時

開園時間(月曜)~(金曜) 8:45~17:15 保育時間は(月曜)~(金曜)の9:00~15:00の間
(土曜)・(日曜)・祝日及び国民の休日・12/29~1/3は休園

利用対象者

知的障害又は精神に障害のある就学前の児童

利用定員

通園70名、くれよん親子教室(1日2クラス:1クラス25名)、スマイル(1日4クラス:1クラス1組の親子)

利用料

療育.給食の各サービスに対して費用の負担があります。(減免制度もあります。)

利用手続き

豊中市立あゆみ学園にお問い合せください。

施設へのアクセス

  • 車 中央環状線「桜の町」交差点より東へ1分
  • モノレール  「柴原」駅下車徒歩10分
  • バス  阪急バス「柴原口」停留所下車徒歩5分
  • 駐車場は地下にあります(無料 )

バリアフリー情報

  • 障害者用の駐車スペースがある
  • 車椅子でも利用可能な トイレ・ 公衆電話がある
  • 授乳スペースがある
  • 点字ブロックの設置や点字表示をしている
  • 車椅子でも利用可能なエレベーターを設置している
  • 自動ドア・ 通路など高齢者や障害者が使いやすい配慮をしている
  • 園内は同一平面上で、段差はありません。

事業の内容

親子通園・単独通園

  1. 小集団での生活や遊びを通して、ひとり一人に応じた支援を行います。遊びを通して、気持ちの通い合う、人間関係の土台づくりや、生活経験を広げ意欲を高めていきます。 
  2. 保護者には、子どもへの具体的な関わり方やあそび、生活の支援のあり方等についての話し合いや相談に応じていきます。 

児童発達支援事業:くれよん親子教室

  育ちに何らかの支援を必要とする乳幼児に親子での遊びを通して援助を行います。

児童発達支援事業:スマイル

  育ちに何らかの支援を必要とする乳幼児に個別療育を通して援助を行います。

子ども療養相談 

  子育てや子どもの発達に不安や悩みを持つ保護者に対して、電話及び面接等による外来相談に応じています。

苦情解決のしくみ

苦情解決のしくみ

  利用者の方などからの、サービスに関する苦情を円滑に解決するため、苦情受付担当者・苦情解決責任者をおきます。また、利用者の立場で、客観性の確保された解決を推進するため、園外からの第三者委員をおきます。

苦情受付担当者

 副園長  大村 旬

苦情解決責任者

 園長   高 容康 

第三者委員

 高橋 多美男(社会福祉協議会 常務理事)、水原 和弘(豊中市民生・児童委員協議会連合会 理事)

お問合せ

こども未来部 こども相談課 あゆみ学園
560-0054 豊中市桜の町3丁目12番10号
電話:06-6841-1551
ファクス:06-6841-9467

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ