このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 人権・文化・スポーツ
  • まちづくり・環境
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

ウェブアクセシビリティについて

豊中市では、マウスやキーボードを利用しにくい人、文字情報を音声に変換してホームページを利用している人など、身体の状況や利用環境などに関わらず、だれでも容易に目的とする情報に到達できるよう、だれもが利用しやすいホームページをめざしています。

豊中市ホームページのウェブアクセシビリティに対する考え方については次のとおりです。

ウェブアクセシビリティに対する考え方

規格への準拠

豊中市公式ホームページは、障害者・高齢者のホームページの利用に配慮する指針である日本工業規格「JIS X 8341-3:2010」に準拠し、規格の示す要件に従って、できる限りの対応を行います。
また、豊中市の公式ホームページは、総務省「みんなの公共サイト運用モデル改定版(2010年度)」に基づいた企画・制作・運用の管理を行うことで、ウェブアクセシビリティの維持・向上を目指しています。

配慮の対象

利用する方の使用環境等に関わらず、ホームページの情報が得られ、サービスを利用できるような配慮に努めます。
特に、障害のある方、年配の方が、身体的な制約等が原因で利用できないということが起きないよう、できる限り配慮します。

配慮の内容

2013年3月14日にリニューアルし公開したホームページでは、総務省「みんなの公共サイト運用モデル改定版(2010年度)」に基づき、「JIS X 8341-3:2010」達成等級AAに準拠しました。
「JIS X 8341-3:2010」の箇条8に基づき、試験を行った結果を本ページにて公開しています。

用語の説明

ウェブアクセシビリティ
ホームページ等を利用しているすべての人が、心身の条件や利用する環境に関係なくホームページ等で提供されている情報や機能に支障なくアクセスし、利用できること。

日本工業規格JIS X 8341-3:2010
2010年8月20日に改正されたウェブアクセシビリティに関する日本工業規格(JIS)。正式名称は、JIS X 8341-3:2010『高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第三部:ウェブコンテンツ』。

JIS X 8341-3:2010に基づく試験結果表示(ウェブページ一式)

達成した等級

達成等級AA

ウェブページ一式の範囲

ウェブページの選択方法

各情報分類の入り口となるページ及び各情報分類における代表的なページを40ページ選択

試験を行ったページのURIリスト

例外事項

トップページの「豊中市の天気」
(URI http://www.city.toyonaka.osaka.jp/index.html)

依存したウェブコンテンツ技術

XHTML 1.0、css 2、JavaScript

達成基準チェックリスト

試験実施期間

2013年2月15日から2013年2月25日まで

宣言する等級より上の等級で満たしている達成基準のリスト

  • 7.2.1.3:キーボード操作に関する例外のない達成基準(AAA)
  • 7.2.3.2:3回のせん(閃)光に関する達成基準(AAA)
  • 7.2.4.8:現在位置に関する達成基準(AAA)

本ページにおける「JIS X 8341-3:2010 に準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 - 2010年8月20日」で定められた表記によります。
(URI http://www.ciaj.or.jp/access/web/docs/jis2010-compliance-guidelines/index.html)

お問合せ

ウェブアクセシビリティについて、このホームページをご利用された際にお気づきの点などがございましたら、下記までご指摘いただければ幸いです。

政策企画部 広報広聴課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎3階
電話:06-6858-2028
ファクス:06-6842-2810

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市役所

 〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号 
市へのお問合せは総合コールセンターへ 電話:06-6858-5050
市役所のご案内
Copyright © Toyonaka City, All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る