このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

木造漆箔薬師如来坐像(黄檗宗瑞輪寺)

更新日:2013年1月10日

写真

市指定文化財
木造漆箔薬師如来坐像
(もくぞうしっぱくやくしにょらいざぞう)
所在地:豊中市中桜塚2-2-24
指定年月日:昭和62年9月1日

 黄檗宗瑞輪寺(ずいりんじ)の本尊であるこの像は、像高89.5cm、膝張75.5cmの桧材寄木造りの身金色像で身部以外には後補の泥絵具が施されています。法衣を偏袒右肩(へんたんうけん)に着し、左手には薬壷を請け、右手は施無畏印(せむいいん)に作り、結跏趺坐(けっかふざ)しています。平安時代末期の注目すべき古像ですが、乳首と部分的な泥絵具による着色は後補によるものです。瑞林寺の前身は原田神社の神宮寺にあたる善光寺であったので、本尊はその遺仏と考えられます。

お問合せ

教育委員会事務局 生涯学習課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎6階
電話:06-6858-2581
ファクス:06-6846-9649

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ