このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

WEBで学ぼう応急手当

更新日:2020年7月10日

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、救命講習・出前講習等が実施できない日々が続いており、
皆さまにはご迷惑をおかけしております。
そこで今回、WEB(e‐ラーニング)で学べる応急手当を紹介します。
ぜひこの機会にWEB講習で応急手当を学び、いざという時のために、スキルアップを目指しましょう。

心肺蘇生法や異物除去法

消防局では現在動画を作成しております。下記のWEB講習と合わせてご覧下さい。
AEDの使い方(成人) Coming Soon
AEDの使い方(乳児・小児) Coming Soon
異物除去法 Coming Soon

新型コロナウイルス対応心肺蘇生法【成人編】(2分33秒)

新型コロナウイルス感染防止の心肺蘇生法となっています。
大きな変更点は成人に対する人工呼吸は省略し、胸骨圧迫のみ実施します。
こどもについては技術と意思があれば人工呼吸もあわせて実施する。
(こどもの心停止は、窒息や溺水など呼吸障害を原因とすることが多く、人工呼吸の必要性が比較的高い。)

心肺蘇生法【乳児編】(2分33秒)

対象:1歳未満 ポイント:成人の流れとほぼ同じです。
違う点(1)胸骨圧迫:胸の厚さの約3分の1(2)気道確保:頭を軽くそらす
   (3)人工呼吸:口対口鼻人工呼吸

心肺蘇生法【小児編】(2分31秒)

対象:1歳以上15歳未満 ポイント:成人の流れとほぼ同じです。
違う点(1)胸骨圧迫:胸の厚さの約3分の1

心肺蘇生法【成人編】(2分35秒)

ガイドライン2015の成人に対する心肺蘇生法となっています。

一般市民向け応急手当WEB講習(e‐ラーニング)について

 e‐ラーニングとは、インターネットを利用した学習形態です。自分の好きな時間や場所でパソコン・スマートフォン等を使用して応急手当の基礎知識を学習することが出来ます。


WEB講習はこちらをクリック


一般市民向け応急手当WEB講習


注意事項

1.一般市民向け応急手当WEB講習での自己学習後に簡単なテストがあります。
2.一般市民向け応急手当WEB講習受講後に発行される受講証明書を消防機関が主催する救命講習時に提出いただければ、講習時間を短縮(45分)することが可能になります。

受講証明証発行までの流れ


※プリンターがない場合は、パソコン画面をデジタルカメラや携帯電話で撮影したものでも可能です。       タブレットPCやスマートフォンの場合は、画面メモ等に保存して証明可能です。

お問合せ

消防局 救急救命課 救急普及啓発係
〒560-0023 豊中市岡上の町1丁目8番24号
電話:06‐6846‐8438(平日午前9時から午後5時まで)
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ