このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市消防局
サイトメニューここまで

本文ここから

出前救命講習

更新日:2021年6月21日

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言延長に伴い、4月25日から6月20日までの救命講習を中止していましたが、6月21日より再開します。また中止する場合があればホームページ等でお知らせしますので、ご確認お願いします。ご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

豊中市消防局管轄区域内の事業所、自治会など各種団体の要望に応じて職員が出向き、救命講習を開催します。
救命講習とは、突然のケガや病気に対して、家族や職場でできる手当(応急手当)や、救急事故の予防のポイントを学んでいただく講習です。
興味のある内容を講習テーマから選び、ご依頼ください。

注意事項

(1)発熱や風邪症状がみられる方は受講をお控えください。
(2)マスクは必ず着用するようお願いします。
(3)会場につきましては、広い場所で換気ができるところでお願いします。
(4)受講人数につきましては、会場の規模等を考慮しての人数でお願いいたします。
(5)土日祝(終日)、平日夜間(17時以降)の出前講習は受付しておりません。土日の講習希望の方は定期救命講習を開催していますので、ご検討ください。

出前講習の申込み方法等

申込みができる人

豊中市消防局管轄区域内に在住、在勤、在学の概ね15名以上の事業所、自治会など各種団体でお申込み下さい。

講習の開催日時等

ご希望の講習テーマ、開催日時を救急救命課までお知らせ下さい。
講習テーマ、内容、日程、日時等を担当者と調整後、申込みを受付します。

講師派遣料・会場

講師派遣料は無料です。
会場の用意や準備、会場借上げの費用につきましては、申込団体のみなさんでお願いします。
会場は豊中市消防局管轄区域内に限ります。
詳細については申込みの際に担当者に確認して下さい。

救命講習

突然のケガや病気に対して、家族や職場でできる手当のことを広い意味での応急手当といいます。その中でも、突然心臓と呼吸が止まってしまったときに行う手当を救命処置といいます。大切な家族、同僚、友人を救うために、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法、異物で窒息をきたした場合の気道異物除去方法等を身につける講習です。

普通救命講習

講習内容は、実習を主体とし、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の使用方法、異物で窒息をきたした場合の気道異物除去方法を含む応急手当等です。
講習時間は、3時間から4時間です。
※一般市民向け応急手当WEB講習(e-ラーニング)及び視覚教材のDVD視聴の事前学習により救命講習の時間短縮が可能です。詳しくは救急救命課にお問い合わせください。

救命入門コース

講習内容は、実習を主体とし、心肺蘇生法、AED(自動体外式除細動器)の紹介等です。
講習時間は、45分から90分程度です。

予防救急講習

日常の救急活動からみた子供及び高齢者におけるケガ、急病などの実態や熱中症の実態からその原因を分析し、救急事故の未然防止に努める講習です。
講習時間は1時間程度です。


※救命講習の申込書はこちらへ。

お問合せ

消防局 救急救命課 救急普及啓発係
〒560-0023 豊中市岡上の町1-8-24
電話:06-6846-8438
ファクス:06-6843-0119

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市消防局

〒560-0023 大阪府豊中市岡上の町1丁目8番24号 電話(代表)06-6853-2345
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ