このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市 Toyonaka City
サイトメニューここまで

本文ここから

転校

更新日:2017年7月26日

1. 転(編)入学

他市町村から豊中市へ

  1. 〔引越しが済んでから〕
    豊中市へ引越しが済んでから,豊中市役所・市民課,又は市役所庄内出張所,新千里出張所で,転入届を提出してください。
    その際,前の学校の転学の書類(「在学証明書」・「教科書給与証明書」)をお持ちください。
    就学していただく学校を指定し,「転入学通知書」を作成して,お渡しします。
    お子さんを連れて,「転入学通知書」と「転学の書類」を指定された学校へ)提出してください。

海外から豊中市へ

〔引越しが済んでから〕
豊中市へ引越しが済んでから,豊中市役所・市民課,又は市役所庄内出張所,新千里出張所で,国外転入届を提出してください。
就学していただく学校を指定し,「編入学通知書」を作成して,お渡しします。
お子さんを連れて,「編入学通知書」を指定された学校へ)提出してください。
また、お子様の学校生活で不安なこと(日本語の会話等)について、豊中市役所第一庁舎6階にあります教育委員会人権教育課(電話 06-6858-2758)にて転入手続き後にお話を伺います。
〔体験入学〕
豊中市では、海外から一時帰国されたお子様に日本の義務教育を体験していただけるように、すべての市立学校で「体験入学」として受け入れています。
なお、体験入学には次のことが条件となりますのでご注意ください。

・正式な在籍ではありません。
 よって、教科書の無償給与の対象とはなりません。
 また、日本スポーツ振興センターの災害共済にも加入できません。
・保護者または保護者代理人が学校管理下および登下校中の責任を負うこととなります。
・学年は年齢相応の学年となります。
・体験入学できる学校は、滞在地に応じて豊中市教育委員会が指定している学校となります。

ご希望の場合は、事前に滞在地域の学校へ)お問い合わせください。

帰国・渡日児童生徒への案内(人権教育課)

2. 転(退)学

豊中市から他市町村へ

〔引越しの前に〕
引越しの前に,豊中市役所・市民課,又は市役所庄内出張所,新千里出張所で,転出届を提出してください。
今在籍している学校の「転学通知書」を作成してお渡しします。
「転学通知書」を今在籍している学校へ)お持ちいただくと,学校は転学の書類(「在学証明書」・「教科書給与証明書」)を作成してお渡しします。
これで豊中市での手続は終了です。

豊中市から海外へ

〔引越しの前に〕
引越しの前に,豊中市役所・市民課,又は市役所庄内出張所,新千里出張所で,国外転出届を提出してください。
「退学通知書」を作成してお渡しします。
「退学通知書」を今在籍している学校へ)お持ちいただくと,学校は退学の書類(「在学証明書」・「教科書給与証明書」)を作成してお渡しします。
これで豊中市での手続は終了です。

3. 市内間での転学

〔引越しが済んでから〕
引越しが済んでから,豊中市役所・市民課,又は市役所庄内出張所,新千里出張所で,転居届を提出してください。
 今在籍している学校の(ア)「転学通知書」と,就学していただく学校を指定して(イ)「転入学通知書」を作成して,お渡しします。
(ア)の「転学通知書」を今在籍している学校へ)お持ちいただくと,学校は(ウ)転学の書類(「在学証明書」・「教科書給与証明書」)を作成してお渡しします。
 お子さんを連れて,(イ)の「転入学通知書」と(ウ)の「転学の書類」を指定された学校へ)提出してください。

4.校区外通学

※校区外通学(指定校変更・区域外就学)については、市役所第一庁舎6階学校教育課学務係で受付けます。
 庄内・新千里出張所では、受付できません。


◎学校の受付可能な日時について
 土曜日・日曜日・国民の休日・年末年始12月29日~1月3日及び8月12日~15日の期間の平日(学校閉庁日)を除く、平日の8:30~17:00です。

お問合せ

教育委員会事務局 学校教育課
〒561-8501 豊中市中桜塚3丁目1番1号 豊中市役所第一庁舎6階
電話:06-6858-2847
ファクス:06-6846-9649

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

以下フッターです。

豊中市役所

〒561-8501 大阪府豊中市中桜塚3丁目1番1号
電話:06-6858-5050(総合コールセンター)
法人番号6000020272035
豊中市の地図
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ