このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

ごあいさつ

更新日:2020年7月6日

病院事業管理者あいさつ

私たちは「心温かな信頼される医療」を提供します

当院は、24診療科目613床を有する大阪府内有数の市立病院として、平成9年11月に現在地に移転し、豊中市の中核病院として急性期医療を提供しています。
超高齢社会を迎えるにあたり、当院に求められる機能や役割が変化していく中で、

  •   市民の皆さん、患者さんの立場に立ったサービスを提供する
  •   活動情報を広く、わかりやすくお伝えする
  •   日々研鑽を重ね、職員の能力を最大限に発揮する

以上のことに取り組み、当院の基本理念である「心温かな信頼される医療」の提供を実現してまいります。
令和2年度は、「がんゲノム医療連携病院」の指定など医療の質の向上に取り組むとともに、指定医療機関として新型コロナウイルス感染症拡大防止に努め、市民の皆さんの生命と健康を守り、地域医療の充実と発展に貢献してまいります。
職員が一丸となって努力してまいりますので、どうぞご理解、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

総長あいさつ

「安心・安全な医療、高度な専門医療をめざして」 -地域の皆様の幸せを願って-

市立豊中病院は、大阪府より地域医療支援病院の指定を受け、北摂地域の急性期中核病院として活動しております。救急医療に関しても、年間6000件以上の救急搬送を受け入れており、豊能二次医療圏の救急拠点として活動しております。
また、厚生労働省より地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、地域の皆様へ最先端のがん診療の提供を行っております。
一方、地域周産期母子医療センターの認定を受け、ハイリスク妊娠・多胎妊娠などを積極的に受け入れております。
さらに、当院は、厚生労働省より、第二種感染症指定医療機関の指定を受けており、今後も流行が懸念されます新型コロナウィルス感染症の治療にも貢献したいと考えております。
大阪大学医学部附属病院を含め、地域の医療機関との連携をさらに強化し、市民の皆様に、安心・安全な医療、高度な専門医療を提供できるよう努力いたしたいと思います。
また、患者サービスの向上に努め、良質で満足度の高い医療を行い、市民に信頼され愛される病院をめざします。

病院長あいさつ

安心・安全な市民生活を守ります

住民の皆様が安心して暮らすためには、しっかりとした医療提供体制が不可欠です。当院は、地域の中核急性期病院として、主に救急医療、高度専門医療を担ってまいりました。また、豊能医療圏の第二種感染症指定医療機関として感染症診療に携わっております。
住民の皆様に必要な医療は、時代によって様々に変化してまいります。求められる医療を求める人々にできる限り速やかに提供することが、公立病院の大事な使命の一つと考えております。令和元年に脳卒中集中治療室(SCU)を開設し、脳卒中の患者さんの速やかな受け入れと高度な脳卒中治療を提供しております。また、令和2年度より近年急速に進歩しているゲノム医療に対応するための基盤作りを始めております。
昨年末に新たに出現した新型コロナウイルスは、住民の皆様に大変な不安とご不便を強いております。当院は感染症指定病院として早くからこの疾患に対応してまいりました。
今後も、急性期医療を支え、職員一同でできる限りの努力をしてゆく所存です。どうぞ市立豊中病院にご指導とご支援を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

本文ここまで

以下フッターです。
ページの先頭に戻る

市立豊中病院

〒560-8565 大阪府豊中市柴原町4丁目14番1号
電話番号
06-6843-0101(代表)

受付時間

8時30分~11時

休診日

土曜・日曜・祝日および年末年始
(12月29日~1月3日)

SDGs
日本医療機能評価機構認定病院
卒後臨床研修評価機構認定病院
病院敷地内の全面禁煙にご協力をお願いします
Copyright © Toyonaka Municipal Hospital all rights reserved.