このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
豊中市上下水道局
サイトメニューここまで

本文ここから

下水道施設一覧

更新日:2020年1月22日

庄内下水処理場

  • 所在地 豊中市大島町3丁目9番1号
  • 敷地面積 35,950平方メートル
  • 計画処理面積、人口 1,151.9ヘクタール、122,500人
  • 計画処理能力 1日当たり77,700立方メートル
  • 処理方法 活性汚泥法(2/3)、凝集剤併用型循環式硝化脱窒法(1/3)
  • 放流河川 神崎川(一級河川)

庄内下水処理場は昭和48年度(1973年度)から供用を開始したことにより、豊中市南部地域の水洗化、水質保全及び浸水対策等に役立っています。
平成17年(2005年)には、さらなる水質の保全を目的として、現有処理施設の3分の1に高度処理方式の導入を行ないました。

小曽根第1ポンプ場

  • 所在地 豊中市豊南町南5丁目1番2号
  • 敷地面積 2,630平方メートル
  • 計画雨水排水能力 1時間当たり27,058立方メートル
  • 計画雨水排水面積 129.07ヘクタール

昭和40年6月に汚水・雨水の合流式ポンプ場として供用開始し、平成7年6月雨水ポンプ場に切替えました。豊中市の南東部地域の小曽根排水区の西部(北条町、小曽根(西部)、豊南町西、豊南町南の地域)に降った雨を神崎川に排水しています。

小曽根第2ポンプ場

  • 所在地 大阪市淀川区十八条3丁目16番46号
  • 敷地面積 2,430平方メートル
  • 計画雨水排水能力 1時間当たり42,707立方メートル
  • 計画雨水排水面積 114.53ヘクタール

昭和50年7月に汚水・雨水の合流式ポンプ場として供用開始し、平成6年11月雨水ポンプ場に切替えました。豊中市の南東部地域の小曽根排水区の東部(若竹町、小曽根(東部)、豊南町東の地域)に降った雨を神崎川に排水しています。

穂積ポンプ場

  • 所在地 豊中市穂積2丁目16番30号
  • 敷地面積 5,160平方メートル
  • 計画雨水排水能力 1時間当たり60,415立方メートル
  • 計画雨水排水面積 180.50ヘクタール

昭和42年6月に雨水ポンプ場として供用開始し、昭和55年9月からは汚水の流入も開始し合流式ポンプ場として供用開始していました。その後平成13年6月に雨水ポンプ場となり、豊中市の南部地域の穂積排水区(服部、穂積、野田町)に降った雨水を中央幹線水路に排水しています。

桜井谷ポンプ場

  • 所在地 豊中市桜の町2丁目9番1号
  • 敷地面積 3,800平方メートル
  • 計画雨水排水能力 1時間当たり2,966立方メートル
  • 計画雨水排水面積 3.78ヘクタール
  • 計画汚水排水能力 1時間当たり784.8立方メートル
  • 計画汚水排水面積 287.26ヘクタール

昭和51年12月に汚水・雨水の分流式ポンプ場として供用開始しました。
豊中市の北部地域の桜井谷排水区の一部(上野西地域)に降った雨水を千里川に排水しています。また、北緑丘(東部)、緑丘、西緑丘、向丘、少路、上野坂、上野西の地域の汚水を原田下水処理場に送水しています。

利倉ポンプ場

  • 所在地 豊中市利倉2丁目15番1号
  • 敷地面積 9,240平方メートル
  • 計画雨水排水能力 1時間当たり108,000立方メートル
  • 計画雨水排水面積 297.03ヘクタール

昭和54年6月に湛水(たんすい)防除※用のポンプ場として供用開始し、昭和61年12月雨水ポンプ場に切替えました。豊中市の西部を走っている豊能南部幹線水路を集水区域とする地域(玉井町、立花町、末広町、岡上の町、北桜塚、山ノ上町、宝山町、岡町北・南、曽根、原田中・元・南)に降った雨水の一部を猪名川に排水しています。

湛水防除事業…低位部に位置する農地・宅地・道路などに起こる洪水被害を未然に防ぐための事業。

千里園ポンプ場

  • 所在地 豊中市蛍池南町1丁目22番30号
  • 敷地面積 5,830平方メートル(場内公園含む)
  • 計画雨水排水能力 1時間当たり32,314立方メートル
  • 計画雨水排水面積 67.96ヘクタール

平成17年4月に雨水ポンプ場として供用開始しました。豊中市の西部地域の千里園排水区(千里園地区と本町地区の一部)に降った雨水を千里川に排水しています。ポンプ場に隣接して広場を造り、昼間は一般開放(毎週木曜日と12月31日から1月3日までは利用できません。)しています。尚、広場の施錠管理は地元ボランティアの協力を頂いています。

新免ポンプ場

  • 所在地 豊中市本町9丁目248番地
  • 敷地面積 280平方メートル
  • 計画汚水排水能力 1時間当たり115.2立方メートル
  • 計画汚水排水面積 8.87ヘクタール

昭和45年4月に合流式の汚水ポンプ場として供用開始しました。豊中市の中央部地域の新免排水区の一部地域の汚水を原田下水処理場に送水しています。雨水は雨水吐室から千里川に排水しています。

熊野田南中継ポンプ室

  • 所在地 豊中市西泉丘2丁目2432番地の2
  • 敷地面積 67平方メートル
  • 計画汚水排水能力 1時間当たり32.4立方メートル
  • 計画汚水排水面積 13.81ヘクタール

昭和57年3月に汚水ポンプ場として供用開始しました。豊中市の東部地域の熊野田南排水区の一部地域の汚水を原田下水処理場に送水しています。

お問合せ

上下水道局 技術部 下水道施設課
〒561-0824 豊中市大島町3丁目9番1号 庄内下水処理場内
電話:06-6331-0017
ファクス:06-6334-9258

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

豊中市上下水道局

〒560-0022 大阪府豊中市北桜塚4丁目11番18号
© 2017 Toyonaka City.
フッターここまでページ上部へ