このページの先頭です
このページの本文へ移動
  • 組織概要
  • 施設概要
  • クリーンランドの取り組み
  • 施設運転状況、統計、資料
  • 臨時ごみの持ち込み
  • 施設見学など
  • 適切な分別・排出
  • 施設整備・工事
サイトメニューここまで

本文ここから

可燃ごみ減量についてのお願い

更新日:2017年7月3日

 クリーンランドに搬入される可燃ごみは、平成7年度をピークに減り続けていましたが、平成23年度から増加傾向に転じました。
 平成28年度から稼動している新ごみ焼却施設への搬入計画量は、両市の搬入計画をもとに、1年間で約143,000トンとなっておりますが、平成27年度の搬入量は前年度よりも増加した約151,000トンであり、計画値を約8,000トンも上回っている状態です。
 今後、十分な減量がみられなければ、ごみの受け入れに支障をきたすことになりますので、引き続き可燃ごみの減量にご協力くださいますようお願いいたします。

可燃ごみ搬入量の推移
年度 年間搬入量(トン)
平成21年度 151,440.62
平成22年度 148,333.78
平成23年度 149,429.88
平成24年度 152,702.12
平成25年度

151,226.81

平成26年度 149,634.39
平成27年度 150,767.54

ごみぶくろうからのメッセージ

可燃ごみの中には、約5,000トンの手つかずの食品が!

平成24年度に実施したクリーンランドに搬入される可燃ごみの組成調査の結果、紙やセロファン類が45.7%、次いで台所から出るごみが27.7%含まれていました。また、台所ごみを調査した結果によると、そのうち約12%が賞味期限切れ等により消費されないまま排出された食品でした。これは、可燃ごみの中の3.3%に相当する量になり、平成24年度の可燃ごみ総搬入量のうち、約5,000tは手つかずの食品ということになります。

可燃ごみを減らすには

 再資源化が可能な紙類を正しく分別することや、普段から冷蔵庫管理等をしっかり行っていただくことでムダがなくなり、ごみの減量にもつながります。これからも、ごみの減量に向け、ご協力くださいますようお願いいたします。


漫画ゴミック(作者ハイムーン)よりイラスト

イラスト提供 京エコロジーセンター

参考ページ

こちらのページもご覧ください。

お問合せ ※電話番号をお確かめのうえ、お間違いのないようお願いします。

豊中市伊丹市クリーンランド 再資源・搬入課
〒561-0806 豊中市原田西町2番1号
電話:06-6841-5394
ファクス:06-6845-6194

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。